松田リエです。
 
二重アゴの方は必見!
 
『横顔まで美人!』になりたい方へ、早速お届けしていきたいと思います!!
 
テーマは
 
『噛む』行為は『痩せる』につながる!
【咀嚼力】を身につけよう♪

です。
 

 
すべての出来事には意味があり、連動しています。
 
あなたが次の段階に進む際には、あなたのファッションも、あなたのなりたいイメージに、ぜひ合わせていきたいものです。
 
あなたが以前と同じファッションだと、周りもあなた自身も変化を感じ取れず、
 
それが次のステージへの移行への障壁となってしまうかもしれません。
 
ライフスタイルを変えたい場合には、自分のステージを変えたい場合には、
 
ダイエットと並行してあなたのファッションを、まず変えることが、
 
一番手っ取り早い方法です^^
 

 
そうすることで、あなたの変化を周りにもあなた自身にも、示すことができます^^
 
そんなファッションを楽しむためにも、なんとかしたいのが・・・
 
フェイスラインや二重顎ではないでしょうか?
 

 
私は、フェイスラインが二重顎が気になって、Vネックしか着られない時期がありました。
 
タートルネックなんて・・・
 
もってのほか!!!
 
でもです。
 
過去の私のように、二重顎になりやすい方に共通する、ある特徴があることに気づきました。
 
それは・・
 
・・・
 
食事のときに、あまり噛まないで飲み込む方が多い!ということです。
 

 
『あ〜やっぱり・・』という声が聞こえてきそうです^^;
 
この『噛まない』という行為が、太る原因・・・
 
これは言わずもがなですよね。
 
二重顎を作り出していることは、あなたもご存知だと思います。
 
噛むことは単純行為であり、回数を増やすこと自体は意識していると簡単にできますが
 
3食の食事の習慣にすることは、なかなか難しいことではないでしょうか?
 
元早食いの私からしたら、永遠の課題かもしれません。
 
( ;  ; )
 
看護師時代の休憩は、いつ呼び出されるかわからないので、基本10分で食べるようにしていました。
 
なんだか、『食べるのが早ければ早いほど、仕事も早くスマートにこなせる』みたいな、
 
謎のイメージも私の中で勝手に植え付けられていました^^;
 
しかしです。
 
しっかり唾液で消化されていない、ペースト状になっていない食べ物が一気に胃に入ると
 

 
もちろん血糖値は上がりやすいと言われていますが、
 
血糖値が上がったという刺激が、実際、脳の満腹中枢に伝わるまでに、約15分~20分、かかると言われています。
 
満腹中枢は、この刺激を受けると
 
『満腹になったから、食べるのをやめなさい』
 
という指令を出しますが、
 
よく噛まずに早食いしている人は、この指令が伝わる前に
 
すでに【食べ過ぎ】状態・・・
 
その結果、太りやすくなってしまうのです。
 

 
『よく噛んで、唾液をしっかり出しながら食べる』
 
習慣を意識して身につけ、痩せる食べ方を続けていきたいですが、
 
人は味を感じると、無意識に飲み込んでしまいます。
 
なので、味が濃いものなどは、特に意識して”噛む”が大事です。
 
30回数えてから飲みこみましょう!
 
とはよく言われていますが、私は、数えるのが面倒なので、
 
『ありがとうございます』(10文字)
 
を心の中で唱えてから、飲み込むようにしています^^
 
唱えているだけで、周りの方や置かれている状況に、感謝の気持ちも溢れてくるので、不思議です。
 
一石二鳥^^
 

 
噛む行為を意識することで、太りにくいだけではなく、
 
顎周りが鍛えられて、すっきりしていく効果も期待できます。
 
よく噛むことで、実際の体重以上に痩せて見られるようにもなるんです。
 
特に二重顎でお悩みの方に、ぜひ取り入れていただきたいです^^
 
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!