不安を感じやすい人の2つの視点

 

松田リエです。

 

メンバーから、このようなメールが届くことがあります。

 

「2か月経っても、結果が思うように出ないから不安です・・・」

 

「1回食べ始めると止まらない。これからも、続けられるか不安・・・」

 

ダイエットに関わらず、何事も「不安」を完全に消すことはできないですし、あなたにしかない大切な感覚だと思います。

 

また、狩猟民族時代から、人間の名残として「不安」という感覚は備わっていると言われています。

 

それは、危険察知能力の一部です。

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中

 

今日は「不安」が起こりやすい人に意識していただきたい、2つの「視点」という部分でお伝えできればと思います。

 

1、ダイエットを続ける上で「不安」を感じたら、自分は今までの食事のパターンから出ようとしている状態

 

つまり(コンフォートゾーンと言われる安全領域)から出ようとしているということ。

 

未知の体験。

 

チャレンジしているという証です。

 

 

これは、そのままで「不安」を感じても、「自分はどうありたいか、どうなりたいか」を問いかけ、不安と共に1歩1歩進むしかないです。

 

その先に自己の成長であったり、体や心の変化物事の捉え方の変化があるはずです。

 

2、「過去の記憶」と「未来への妄想」によって不安を感じる

 

「不安」は

 

・過去自分が経験したこと

 

・過去見たり・聞いたりしたこと

 

・過去誰かの経験を通して

 

・多くの人が決めたパターン(常識や固定観念)

 

これらがデータとなって未来への妄想をすることで『不安』を感じると言われています。

 

どのような方がこの状態になりやすいかというと・・・

 

思考が、過去や未来に飛びやすい人です。

 

 

この時に何が大事であり、どういう状態かというと

 

「今」に自分がいない。

 

「今」の連続が未来を創るのに今に意識がない。となると、

 

過去の意識のまま未来を創造してしまう。ということになります。

 

そして、うまくいかないことが重なると「あーーーやっぱり、私はダイエットがうまくいかない人」という答え合わせをして、よりその意識を強化していく可能性があります。

 

・・・・><

 

もし、ダイエットを続けていく中で「不安」を感じたら、意識をいつも「今」に戻す。

 

これはかなり強烈なパワーがありますので、お試しください^^

 

今の食事が未来を作ります。

 

自分の未来に対して、不安になった時は、「自分はどうありたいか、どうなりたいか」を問いかけ、『不安と共に』1歩1歩進む。

 

 

そして、『今に意識を戻して』今日の食事を丁寧に、栄養バランスよく美味しく楽しく頂きましょう^^

 


 

【 情報 】

情報が溢れる時代だからこそ私たちのダイエットは今・・痩せにくい体質だからと諦めかけているというあなたへ

痩せるための「運動」も「食事制限」も結局続かない・・看護師考案の人生最後の㊙︎ダイエット術

食事だけでさらりとダイエットを手放せたワケとは?今日から食べはじめれば今日から理想の痩せ体質はつくれる?!

5STEPオンライン動画講座を期間限定で無料で公開します!

毎月400名以上の方が無料で参加!私もマイナス12キロのダイエットに成功!!女性らしく健康的な体に。【食べる”ほど”にキレイに痩せる】

>>ベルラスダイエットの5STEPオンライン動画講座の登録はこちら

下下下下