お菓子を我慢する前に・・

 

松田リエです。

 

さてさて、3人目は待望の女の子を出産されたYさん。

 

可愛い娘さんのためにも、太っているママから卒業したいとベルラスダイエットを決意。

 

そんなYさんから、こんなメッセージをいただきました。

 

 

========

 

【●月31日】

 

1か月が経ちます。

 

甘い物が以前ほど欲しいと思わなくなりました。

 

自分でも信じられないです。

 

あんなに、毎日のように、食べていたのにと思っています。

 

親からも、『授乳中だから言えなかったけど、あんだけお菓子を食べていたら、痩せるわけがないと思っていた』とびっくりしています。

 

本当に毎日、体が変わっていくのが嬉しくなりました。

 

========

 

【●月21日】

 

今日は同じ金額をだして、ダイエットをしてる友人に会って来ました^^

 

同じ日から始めましたが、『お菓子を食べているからか痩せないのよね』と言ってました。

 

 

割と高額なサプリも飲んでいると。

 

自分は食べながら痩せてきたけど、友人は1キロも痩せないと嘆いていました^^;

 

『前の私みたい』と、心の中で思ってしまった私がいました。

 

=========

 

Yさん、3人目出産後の産後ダイエットは順調で

 

3ヶ月経っていないですが、既に-5キロ減です^^

 

体脂肪率もすでに4%減。

 

しっかり体脂肪が燃えています。

 

さて、ここであなたに聞きたいことがあります。

 

・・・

 

あなたは、お菓子だけ我慢すれば痩せる・・と思ってはいませんか・・?

 

・・・・?!

 

お菓子は我慢・我慢・我慢

 

とにかく、我慢・我慢・我慢・・・

 

 

それでは、我慢しただけ、どこかで爆発が起こってしまう方が後を絶たないのです∑(゚Д゚)

 

そこで、1口食べ出したら、もう、自分ではコントロール不能状態。

 

お菓子をとにかく我慢ではなく、まず、なぜ必要以上にお菓子が欲しくなるのか・・

 

そこを、理解していきましょう^^

 

お菓子が欲しくなる理由は、たくさんあるのですが、今日は血糖値の観点に絞ってお伝えしたいなと思います。

 

では、では、最後までついてきて下さいね^^

 

==========

 

お菓子を食べて、血糖値が一気に上がると、血糖値を下げるホルモンであるインスリン(俗に言う肥満ホルモン)が出すぎて、血糖値が一気に下がります。

 

すると・・体は均衡を保つために、血糖値をまたあげたくなって

 

糖質を摂りたいという欲求が、一気に激しくなるのです。

 

 

その結果、食べちゃダメ・・と、分かっていても、自分ではどうすることもできなく

 

お菓子食べたい欲が暴走し始めたり、どか食いなどが起こってしまい

 

ダイエットが1歩進んでは、2歩下がって状態となりやすいのです。

 

いつか痩せるだろうと、長期間取り組んでいる割に体型そのまま・・。

 

そして、気づけば、糖質中毒、シュガーホリックと言われるように、

 

甘いものを食べるとまるで麻薬のように、甘いものを欲しがる連鎖が止まらず、いつの間にか癖になったりするのは

 

血糖値を乱高下させてしまっているから!!

 

 

これも、1つの要因なのです。

 

特に生成された白砂糖は、砂糖の純度が高いので、中毒性が高いと言われています。

 

(;´Д`)

 

だから、我が家にはいつの日からか、砂糖の姿は消えました・・・。

 

今まで、看護師として、たくさんの糖尿病を発症した患者さんを見てきた経験

 

保健師として、メタボリックや生活習慣病患者の食事指導をしてきた経験から

 

ベルラスダイエットでも、この血糖値を安定させる食事に注力を注いでいますよ^^

 

 

血糖値を緩やかに上げて、

 

(上げ過ぎず)

 

血糖値を緩やかに下げる。

 

(下げすぎず)です^^

 

ではでは、今日は最後に・・

 

お菓子をただただ我慢して爆発してしまう、多くのダイエッターが、だいたいハマってしまっている パターンをご紹介したいと思います。

 

この2つのパターンに 分けられる方が多いのですが、あなたはいかがでしょうか・・?

 

↓ ↓ ↓

 

===================

 

1、1日2食生活 (朝食抜き)

 

2、炭水化物中心の1品料理

 

===================

 

お子さんがまだ小さいママさん、仕事が忙しいママさんは、食事時間がバラバラで

 

空いた時間に、立ちながらでも、片手でささっと食べられるパン

 

一気にかきこんで食べられるパスタ、丼などの1品料理が多い傾向があります。

 

 

空腹が長く続いた後で、炭水化物中心の1品料理が体内に入ってくると

 

体内では、どんな反応が起こるのでしょうか・・・?

 

先ほどお伝えしたように、血糖値がビューンとに上がりやすくなり、体脂肪を溜め込みやすくなり

 

次は急激に下がるので、血糖値上げようと体が働き、それが甘い物欲求へとつながるのです。

 

そのループにはまってしまっている・・という方はまず、食事の間隔は5~6時間になるように調整し、

 

食事のリズムをなるべく守り、食事優先で、3食しっかり食べるよう、タイムスケジュールを組みましょう。

 

ここからスタートです!!!

 

PS:

その他、糖質との付き合い方などについては、無料メール講座(動画付き)の中でもお伝えしています。

 

毎日のメール講座を読み進める中で、きっと日々の食生活を振り替えってみて、気づきがたくさんあるはずです。