男性と女性、うまくいくダイエットはこんなに違う!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

松田リエです。

今日のテーマは、「男性と女性のうまくいくダイエットの違い」

 

 

 

これはですね、

あくまでも私が見て来た方達の、男女の違いをお話ししますね。

 

 

私は、保健師時代はサラリーマンや学校教師の食事指導・運動指導を経験してきました。

主に、メタボリックの中年男性です。

 

そして、起業してからは女性に絞ったお食事サポートをしています。

 

 

 

 

その理由は、
男性と女性では、
アプローチ法が違うと感じたからです。

どういうことなのかというと、元々男女の体質には若干の違いがあります。

 

 

例えば、

女性の場合は筋肉よりも脂肪がつきやすいですし、
男性の場合は女性よりも20倍 !! 筋肉がつきやすくなっています。

 

 

 

つまり、

女性の体は皮下脂肪がつきやすいという特徴を持っている反面、筋肉も太くなりにくい・・

( ;´Д`)

 

 

逆に男性の体は皮下脂肪がつきにくい代わり、内臓脂肪の方がつきやすい
傾向になっているため、

メタボリックシンドロームも、女性より男性の方がなりやすい、というのも体質の違いがあるわけです。

 

 

だから、同じ太っている状態でも、女性と男性は皮下脂肪か内臓脂肪かの違いがあり、
当然、同じダイエット法を実践したとしても、効果が同じように出るというわけではないのです

 

 

そして、燃えにくいのは残念ながら、皮下脂肪の方です。

 

 

なので、それぞれの性別によって
適したダイエットを実践する必要があるんですよね。

 

 

さらに、男性は、基本的に理論的に短絡的に、ダイエットを捉えています。

だけど、理論でわかっても、行動する方が少ない。

( ;´Д`)

 

 

頭の中では行動しているんだけど、実質的な行動が少ない方が多かったです。
だから、行動すればうまくいくのになぁと、思う方を、たくさん見ました。

 

 

一方、女性はね、行動力がある!

 

 

自分で自分のための食事を準備できるし、具体的な考え方、やり方さえ伝えればめんどくさいことも簡単に工夫してできる!!
なんでも、自分のものにできる器用さがあります。

 

 

 

 

だけど、感情にコントロールされたり、目の前の体重や体脂肪率という数字に一喜一憂しやしやすくって

栄養学・体のメカニズム(体が無意識に働いてくれている部分)などを把握するなど、理論的な考えが苦手な方が多いかな~。

 

 

また、一生懸命、結果が出ない行動をがんばっていたり、
ただ目の前の体重計の数字を落とそうと、リバウンド前提のダイエットをしていたり・・

ダイエット理論の考え方が入れば、もっと楽しく、簡単にうまくいくのになぁと、思う方をたくさん見てました。

 

 

また、男性は短距離走型が多い

また、栄養不足にもなりにくいし、筋肉もつきやすいので、運動をかけあわせて、ストイックにやっても成功しやすいんですよね。
○イ○ップのように。

 

 

そして、早く結果が出せないと、動かなくなりますので、早く結果が出るように動くこと^^

ただ、男性が本気で痩せようと動くと、結果が出る方が多いですね^^

 

 

だから、世の中のダイエットに成功する方は、男性の方が多いのだと思います。

(もちろん代謝が高く、痩せやすいということが前提にあります)

 

 

一方、女性は、長距離走型が多い。
長く続けられるので、楽しく続けられる事を考える。

 

 

 

 

ただ、成功とは違う方向に向かって動いている場合には、早く気付くことも必要。

頑張ってしまうので^^

 

 

ある一定まで続けられる方が多いのですが、

ダイエットを諦めてしまう原因として
女性ホルモンは、大きく関係している1つの要素です。

 

 

女性ホルモンが心身に与える影響について、理解した上で取り組むかどうかも成功率を左右させるなぁ・・とも感じています。

きっとあなたも、月経前や排卵期の体調の変化で、それを体感しているのでは?

 

 

 

長くなってきたので、続きはまたお届けしますね♪