痩せるにつながる食事のリズムの作り方

 

 

松田リエです。

 

『ダイエット中だから食べたいけれど、我慢…』

 

と、食べることを我慢するのはNGというのを先日お伝えしました。

 

食事の間隔が空いて、空腹の時間が長く続くと、

 

体はそれを『飢餓状態』と感じ、【食欲が増加する傾向】があるからです。

 

 

つまり『食事時間の間隔が長く』なりすぎないように、意識することが大切ということですね。

 

体を空腹で【飢餓状態】にしないようにしましょう!

 

空腹が長く続いた後で、食べ物が体内に入ってくると

 

【血糖値】が急激に上がりやすくなり、『体脂肪を溜め込みやすく』なるからです。

 

また、たんぱく質は体内で常に使われ続けています。

 

食事制限でたんぱく質不足が起こると『筋肉の分解』が始まります。

 

つまり筋肉が減ってしまうのです。

 

空腹を作らないようにするために、食事の間隔は【5~6時間】

 

になるよう調整することをおすすめします^^

 

自分自身の日常生活に合った『食事のリズム』をつくり

 

食事のシナリオ・タイムスケジュールを組んで1日を過ごしてみて下さいね!

 

 

そして、ダイエットは

 

【痩せる事】ではなく【続けていく事】です。

 

続けていくためには、バランスの良い食事が、どうして痩せるのかという部分を『理解する』必要があります。

 

まずは、自分自身のことを知る。

 

痩せられないポイント、環境・体質・食べ方・外食の選び方など、分析する。

 

そして、課題と目標を明確にしたら、その先、学ぶことによって

 

栄養学と身体のメカニズムを関連付けて、自分の中で考えられるようになって

 

そして理解できると、全てが繋がっていく瞬間がやってきます。

 

痩せるという変化が全てではなく、

 

・その他の身体的変化
(日々のパフォーマンスのUP)

 

・心理的変化
(パートナーシップや親子関係の向上)

 

・ライフスタイルの変化
(やる気や前向きになれるマインド)

 

これらも感じられるのです^^

 

イメージがつきにくい方は、パズルを想像すると分かりやすいかもしれません。

 

 

パズルって、最初は、どこにどのピースを入れればいいのか分からずなかなか進みませんよね?

 

ベルラスダイエットも、最初の2週間~1か月前後はそのような感覚になる方が多いです。

 

でも、パズルなら半分くらい埋まったところで、コツをつかんでペースが上がってきたり

 

3分の2くらいまで埋まると、残りのピースをどこに入れるのかが感覚的に分かってきて

 

そこから一気に全部埋まっていきます。

 

ダイエットもこのような感じ・・なんです^^

 

ある程度いろんな情報が、自分の頭の中で複雑化していても

 

実践を通して、体感的にも繋がってくると、残りの情報も一気に頭に入って

 

・・・

 

『あ~そういうことだったのか!!!』

 

と理解が進むのです。
もう、痩せる気しかしない・・状態(笑)

 

 

ベルラスダイエットでは、これを身体的、心理的に感じることができるのです^^

 

あなたはこれまで、ダイエットの知識をたくさん集めてきたはずです。

 

これまで断片的だった情報が1つになり、見える視点が上がり、それによって『理解できる』ようになるので、継続につながっていくのです。

 

「知ってる」から「理解」に変わり、日常の食事で実践さらに、継続できるようになります。

 

そうすることで、自然と知識が生かされるようになり

 

食事が変わって、ライフスタイルそのものが変わって、人生底上げ〜

 

一時的でなく、【痩せ続ける】ためには、自分が食べる食事を【選択する力】を身に着け、継続していくためにはやはり・・・

 

栄養学や体のメカニズムに関する、1つ1つの知識の集約が必要なのです。

 

学ぶほどに美しくなりましょう^^

 

そして、意思はそんなに強くないからこそ、一度、食事のシナリオ・タイムスケジュールを立ててみて下さいね!

 

タンパク質の摂取を中心に、代謝の維持・アップの食事のとり方、食間をぜひ意識してみて下さい^^

 

PS:

その他、ダイエットと栄養素の関係については、無料メール講座(動画付き)の中でもより詳しくステップでお伝えしています。

 

毎日のメール講座を読み進める中で、きっと日々の食生活を振り替えってみて、気づきがたくさんあるはずです。