松田リエです。
 
今日は、
 
『生理前の暴食がとまりませ~ん』
 
というテーマです。
 
あなたも経験ありませんか?
 
生理前の旺盛な食欲(笑)
 

 
生理前や生理中のドカ食いは、マグネシウム、鉄分、カルシウムの不足が原因のことが多いのです。
 
月経を起こすために使われちゃうので、不足しがちなのです。
 
逆に言えば、これらの栄養をしっかり摂れていれば、生理前であろうと、ドカ食いの心配はありません。
 
普段から1日3食しっかりと、食べるダイエットを続けていれば、大丈夫ってことです。
 
ちなみに、
 
・・・
 
マグネシウム、鉄分、カルシウムの中でも、特に注意したいのがマグネシウムです。
 
私たちの全身の細胞が、正しく働くためには、エネルギー(ATP)が必要です。

 
ATPは、マグネシウムと結合しないと、エネルギーとして利用されません。
 
マグネシウム不足だと、代謝が悪くなってしまうんです。
 
代謝が悪いと太りやすいです。
 

 
なので、特にマグネシウムを摂ることを、気をつけたいところですね。
 
また、生理前のドカ食いをやめるには、砂糖や小麦製品を控えるのも一つです。
 
なぜなら、
 
・・・
 
せっかくビタミンやミネラルを摂取しても、砂糖や小麦製品を消化、代謝するのに使われちゃうからです。
 
そうするとまた、鉄、カルシウム、マグネシウムが、不足してしまいます。
 
いっこうに満たされないので、食欲も止まりませんね  |д゚)
 
さらに・・・さらに・・・
 
実は運動も注意が必要です。
 

 
走ったり飛んだ際の衝撃が足裏に加わることで、血液中の赤血球は破壊されるんです。
 
筋肉が大きくなれば、多くの鉄が使われ、汗から鉄が出ていきます。
 
筋トレや運動をする方は、鉄をはじめミネラルも消費してしまうんです。
 
痩せるためには運動をすればいいって思われてますけど、
 
運動でのダイエットって、食事が整ったベースがないと難しいんです。
 
ダイエット目的で運動するなら尚更、食べる量を増やす必要があります。
 
ちなみに、私はというと。
 
今はなんにも運動していません。
 
ぜ~んぶやめちゃいました。
 
日常生活でなるべく動くように、意識しているくらいです。
 
特に朝の散歩はオススメです。
 

 
ダイエットのためというより、仕事のパフォーマンスを上げたり、1日元気に過ごすために・・です^^
 
というわけで・・・
 
何事も食事というベースが大事です。
 
生理前のドカ食いも、日頃の食事で防ぐことができます。
 
私たちは栄養をしっかり摂ることを、意識していきましょう。
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!