こんばんは!食事からビューティー!

 

ベルラスダイエット!松田リエです。

突然ですがみなさんの最近の『お通じ事情』っていかがですか?

 

お食事中の方がいたらごめんなさい(汗)

 

とはいえ、お通じって本当に大事なんですよ〜!!

 

なぜなら、お通じはみなさんの最近の食事・生活習慣の通信簿と言えるほど、体内の状態を教えてくれるものだからです。

 

 

ちなみに、過去の私がひどい便秘に悩まされていたことは、このブログで何度もお伝えしてきましたよね。

 

便秘になると→お腹が張って不快だし・ぽっこりして太って見えるし・肌も荒れるし…何より、便が出ないことって本当にストレス!

 

便秘ってデメリットしかないですよね。。

 

このように、便秘で悩まれている方ってめちゃめちゃ多いと思います。

 

→→→ 食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中

 

しかし、ある『痩せ腸フード』を取り入れることで、スルスルスル〜っとお通じが良くなって・痩せやすくなるかもしれませんよ♪

 

ということで、今回の動画では【腸を変えるだけで-12kg痩せる!ダイエット講師が教える痩せ腸になるための最強レシピ教えます】というテーマでお伝えしていきます。

 

もしみなさんが

・ダイエットしたいのに、便秘のせいでうまく進まない...

・ぽっこりお腹とさよならしたい〜!

・便秘解消に効果的で・簡単に作れるメニューが知りたい!

なんて考えているのであれば、

 

この動画を見ることで

・腸を変えるだけで痩せる仕組み

・痩せ腸になる最強レシピ

がわかりますよ!

 

スーパーに売っている身近な食材を使って、痩せ腸を作る簡単レシピをご紹介しているので、ぜひ最後まで見てくださいね♪

 

それでは今日のテーマいきましょう!

 

=====【動画を見る】=======

【痩せ腸フード】腸を変えるだけで-12kg痩せる!ダイエット講師が教える痩せ腸になるための最強レシピ教えます

https://youtu.be/f-jdjTm_GQc

===================

 

【腸を変えるだけで痩せる仕組み】

まず最初に、便秘になると、なぜ太りやすくなるのか?腸内環境が改善すると、なぜ痩せやすくなるのか?ということをお伝えしていきますね!

 

そのためには、まず!腸の仕組みを知ることがポイント♪

 

 

みなさんご存知のように、腸内には細菌がたくさんいますよね?

 

その数なんと!約200種類・約100兆個もあると言われています。

 

そしてその腸内細菌を大きく分けると3つに分類できるんですね。

 

それが、痩せ菌である『善玉菌』・デブ菌と言われる『悪玉菌』・そしてどちらでもない『日和見菌』です。

 

善玉菌と悪玉菌は、なんとなく聞いたことがあると思うんですが、日和見菌はあまり聞きなれない菌かもしれませんね?

 

しかし!このどちらでもない日和見菌がすっごく重要なんです!

 

実は、この日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の多い方に加担するという特性があります。

 

 

長いものにまかれるタイプなんですね〜。

 

なんとも日本人らしい菌…腸内も人間世界と同じ(笑)なのかもしれませんね〜。

 

つまり、悪玉菌が善玉菌より多くなれば、日和見菌は悪玉菌に加担してしまい、より太りやすい体質になってしまいます。

 

逆に、善玉菌が悪玉菌より多くなれば、日和見菌は善玉菌に加担して痩せやすい体質になるというわけなんです。

 

というのも、善玉菌が悪玉菌より多く・腸内環境が良好になると→

 

・栄養の消化吸収が良くなって→痩せやすくなる

 

・食欲やメンタルを安定させる分泌されやすくなり→食欲も安定するんです♪

 

そのため、腸内環境が変わると、痩せ体質へと変化するんですね!

 

反対に、ジャンクフードやお菓子・パンなどをたくさん食べていると、デブ菌である悪玉菌が増えてしまい、便秘や太りやすい体質になってしまうんです・・・。

 

 

今よりも12kg太っていた頃の私は、こういったものをしょっちゅう食べていたので、だから太りやすかったのか…と納得です。

 

悪玉菌を増やす原因については、こちらの動画でも詳しくご紹介しているので、もし良ければチェックしてみてください♪
ダイエット講師は家で絶対に食べないもの!食べるだけで太ってしまう危険食品教えます

 

 

ところで、みなさんの周りにたくさん食べても太りにくい人っていませんか?

 

また、あまり食べていないのに太りやすい人もいますよね?

 

昔の私はもちろん後者!

 

周りの友達は、自分と同じように食べているのに太らないのに、私は友達より食べていないのに太る…

 

一体なんでなの?(涙)私が生まれつき太りやすい体質だから?と、思っていました。

 

実は、その太りやすい理由が、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌にあったとは!

 

このように、便秘解消のためだけでなく、痩せ体質を作るためにも、善玉菌と悪玉菌のバランスがとっても大切になってきます。

 

 

ちなみに、腸内環境を整えるためには、特に夜の習慣が重要!!

 

というのも、腸は寝ている間に活発になり・便を作るからです。

 

なので、寝る前に食事をしてしまうと太りやすいだけでなく、便秘にもなりやすいので、寝る直前に食べるのは極力控えることがオススメ♪

 

また、夕食は寝る2時間程前には済ませ・腹8分目程度を意識すると、消化にも負担をかけないので、腸内環境が整いやすくなりますよ♪

 

 

じゃあ、「一体何を食べれば痩せる腸になるの〜?」って気になりますよね!

 

そこで、今回はとっておきの痩せ腸フードをご紹介しますね♪

 

今回ご紹介する食材と料理を食べることで、痩せ菌である善玉菌を増やして、日和見菌に善玉菌の味方になってもらおうと思いますよ〜!

 

『私、人よりも太りやすいです!』なんて方には、今から紹介する料理を作って、ぜひ食べてみてくださいね!

 

【痩せ腸になる最強レシピ】

 

便秘でツライことの1つが、冒頭でもお伝えした、『ぽっこりお腹』ではないでしょうか?

 

お腹がぽっこりすると、着る服にも制限が出てきたりしますよね(涙)

 

実際、過去の私は、チュニックやふんわりワンピースなど、お腹周りを隠す服装ばかりしていました。

 

 

反対に!お腹周りがスッキリすると、憧れのトップスインも・ぴったりワンピースも着こなせちゃうかもしれませんよ〜♪

 

私も、今からご紹介する痩せ腸食材を取り入れることで、今ではトップスインもスカートも、ファッションを思いっきり楽しめるようになりました!

 

そんな、お腹周りのお肉が落ちる効果が期待できる食材が・・・『もち麦』です!!

 

このブログでも何度かご紹介したことがありますよね♪

 

もち麦ってプチプチ食感がたまらなくて、おいしいんですよね〜!

 

そんなもち麦のメリットと言えば!やっぱり食物繊維が豊富なこと♪

 

 

なんと、もち麦の食物繊維量は、玄米の4倍!白米の25倍!!も含まれているんです。凄くないですか?

 

そして、その食物繊維の効果は、何と言っても便秘解消効果ですよね♪

 

特に、もち麦には腸内細菌のエサになり・便を柔らかくしてくれる効果のある『水溶性食物繊維』が豊富なんです。

 

しかも、もち麦の水溶性食物繊維の大半が『βグルカン』という栄養素が占めているんですが、このβグルカンがただ者じゃない!!

 

なんと!このβグルカンは、天然で最も有効な免疫増強物質だと言われているんです。

 

なので、もち麦はダイエット・便秘解消のみならず、免疫力もUPさせてくれる、最強食材と言えるんです。

 

加えて、食物繊維って、血糖値の急上昇を抑えてくれる効果もあるので、ダイエットはもちろん、糖尿病予防にもオススメですよ♪

 

こんなに素敵な効果が詰まった最強食材、もち麦!食べないなんてもったいないですよね♪

 

 

ちなみに、もち麦といえば、白米に混ぜて炊くのが一般的だと思うのですが、今回は皆さんに、新しいもち麦の美味しさを感じる調理法をご紹介しますね♪

 

それでは最初に、材料からご紹介します。

 

【もち麦チャウダー】

 

【材料(2人前)】

・人参 1/3本(60g)
・玉ねぎ 1/4個(50g)
・オリーブ油 小さじ1
・水 250cc
・もち麦(炊いたもの) 100g
・ホールコーン 大さじ2(20g)
・あさり(むき身)100g→水煮缶でもOK
・豆乳 250cc
・塩 小さじ1/2
・こしょう 少々
・パセリ(みじん切り)お好みで

 

材料は以上です。

 

ぶっちゃけ、もち麦と豆乳さえあれば、あとは家にある食材に変更してもOKです(笑)

 

今回はよりヘルシーにするために、牛乳ではなく豆乳にしましたが、嫌いであれば牛乳でも大丈夫ですよ♪

 

また、しっかり味が好みな方や・あさりを入れない場合は、少し物足りないかもしれないので、そういった場合は、コンソメなどの出汁を少し加えていただくのも良いかもしれません。

 

では!早速作っていきますね。

 

【作り方】

1、人参、玉ねぎは7〜8mm角に切ります。

 

大体で大丈夫ですよ〜。私が基本、おおざっぱなので(笑)

 

2、鍋にオリーブ油を引いて熱し、玉ねぎ、人参を入れて炒め、ツヤが出たら水を入れて中火にかけ、煮だったらもち麦を入れて6〜7分煮る。

 

ちなみに、このオリーブオイルにも、お通じを出しやすくする効果が期待できますよ♪

 

3、ホールコーンとあさりを加え、豆乳を加えて3〜4分煮て、塩、こしょうで味を整えて器に盛る

 

4、パセリを散らして完成です。

 

いかがですか?

 

もち麦と野菜がしっかり摂れて、体も心も温まる本当に美味しい1品です。

 

実は、腸にオススメ!というわけではないんですが、ダイエット的に特にオススメな食材があります。

 

それが・・・あさり!

 

 

みなさんは、あさりの素晴らしい栄養価をご存知ですか?

 

あまりメイン食材というイメージがないので、知らない方も多いかもしれませんね!

 

しかし!私にとっては、あさりはメイン中のメイン!一押し食材なんですよ♪

 

そんな、私が愛するあさりには、まずカルシウムやカリウム、亜鉛、鉄などのミネラルがたっぷり!

 

そして、100gあたりに含まれるビタミンB12の含有量は貝類の中でNo.1なんですよ。

 

ちなみに、ビタミンB12が不足すると→悪性貧血(頭痛・めまい・吐き気・動悸・息切れ・食欲不振など)、神経痛、慢性疲労が起こりやすくなります。

 

その他にも、うま味成分であるタウリンも豊富で、肝機能の促進、アルコール障害の改善、血液をサラサラにするなどの効果があるといわれています。

 

つまり、あさりには、代謝アップ効果や疲れの改善・健康効果が期待できるんですね♪

 

 

もち麦だけでも痩せ腸になれますが、あさりが入ることで、さらに体にいい、健康的なスープになりましたね!

 

ぜひお家で試してみてくださいね。

 

ではまとめます!

 

痩せ腸になるためのポイントは

・痩せ腸になるには→善玉菌を優勢にし、日和見菌を味方につけることが大事

・悪玉菌が好み→お菓子・ジャンクフード・パンは控え目にすることがオススメ!

・痩せ腸食材として、ぽっこりお腹改善食材として→もち麦がオススメ!

でしたね!

 

ちなみに、私が12キロ痩せてきた経験を通して「栄養学・体のメカニズム・ダイエットのマインドなどもっと深く知りたい方」のために公式LINEや無料オンライン講座でも発信しています。

 

無料冊子やベルラスダイエット3ステップ動画もプレゼント中です!ぜひ、LINEもフォローしてみてください。

 

 

【まとめ】

 

いかがでしたでしょうか?

 

痩せ腸になるための最強レシピ、いかがだったでしょうか?

 

毎日のお味噌汁に飽きてしまった…最近お通じがない…簡単でヘルシーなメニューを作りたい!なんて時に、取り入れてみていただけると嬉しいです。

 

痩せ菌である善玉菌を増やして、お腹もスッキリ、晴れやかな毎日を過ごしましょう!