年1回の”アレ”を見ることが、ダイエットの近道!

 

松田リエです。

 

さて、あなたは、健康診断を最後に受けたのはいつか、覚えていますか?

 

 

会社勤めの人は定期的に健康診断があると思います。

 

しかし、主婦の人や、個人事業主の人、産休・育休中の人は、自分で健康の管理をすることが必要になります。

 

ぜひ、1年に1回は病院で、健康診断を受けるようにしましょう^^

 

血液検査だけでもいいので、定期的に受けて欲しいのです。

 

というのも、あなたの血液は嘘をつきません。

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中  

 

血液検査の結果から、あなたの体の栄養状態が最もよくわかるからです。

 

ということは、日頃あなたが口にしてきたものがまるわかりなのです・・。

 

女性ってついつい、『◯◯が足りていない気がするな〜』と、感覚だけで、日頃の食事やダイエットを捉えがちなのですよね。

 

もちろんその感覚も大事なのですが、さらに、「どんな栄養素が不足しているのか」血液を客観的に把握することで、事実にもとづいて、食事の内容が見直すことが、健康的なダイエットの近道となりますよ^^

 

ということで、今日は、私自身が食べることで−12キロ痩せられた経験、ダイエットサポーターとして、ダイエットの協会を立ち上げ、500名以上の方のダイエットのサポートに関わらせていただいた経験だけではなく、元看護師・保健師としての立場からも、お伝えできればと思っています^^

 

血液検査、この項目をチェックしよう!

 

さて、痩せるための鍵とも言える栄養素!

 

<鉄分>と<たんぱく質>が不足していないか、それぞれの理想値を確認してみましょう^^

 

 

ぜひ、引き出しから、前回の血液データの用紙を取り出して、あなたの血液データと比較してみてくださいね。

 

(捨ててしまいましたか・・?!その場合、数値をメモして、次回の検査後照らし合わせてみてくださいませ^^)

 

◎鉄分

 

【MVC(赤血球の大きさ)】:90

 

【MCH(赤血球内のヘモグロビン量)】:30

 

【RBC(赤血球数)】:500万

 

【HGB(ヘモグロビン)】:13以上

 

【フェリチン(貯蔵鉄)】:50以上(女性)

 

⇒ 他の値が正常値でも、フェリチンが低値の場合、潜在性鉄欠乏症といって<隠れ貧血>のおそれがあります。

 

私も、血液検査をするときは、追加でフェリチンの検査もしてもらっています。

 

なぜかというと、現代女性の3人に1人が貧血、または隠れ貧血と言われているからです。

 

貧血の方は、痩せにくいです><

 

ダイエットよりも、まず貧血の改善が優先です・・。

 

また、貧血にならないための食事は、健康的かつダイエットにも適した食事になりますよ^^

 

◎たんぱく質

 

【TP(総蛋白)】:7.5(7以下は絶対不足)

 

【ALB(アルブミン)】:4.5(4以下は絶対不足)

 

【r-GPT/rGT】:32まで(19以下は不足)

 

【BUN(尿素窒素)】:15~20(14以下は不足)

 

【UA(尿酸)】:4~6(4以下は不足)

 

⇒ BUNはたんぱく質代謝、尿酸値は抗酸化力の指標です。いずれも不足は危険!

 

肉や魚、卵、大豆製品など、毎日、毎食しっかり摂れていますか・・?

 

私たちの体は、たんぱく質からできている!と言っても、過言ではありません・・!

 

 

上記の理想値は絶対数値ではないので、ぜひ、採血結果と合わせて参考にしてくださいね。

 

専門的な用語が多く出てきて、少し難しく感じるかもしれません。

 

先ずは、自分の数値が「理想値と比べてどうなのか」。

 

「客観的に事実を把握することが、自分の体の栄養状態を知る」スタートになります。

 


【 情報 】

情報が溢れる時代だからこそ私たちのダイエットは今・・痩せにくい体質だからと諦めかけているというあなたへ

痩せるための「運動」も「食事制限」も結局続かない・・看護師考案の人生最後の㊙︎ダイエット術

食事だけでさらりとダイエットを手放せたワケとは?今日から食べはじめれば今日から理想の痩せ体質はつくれる?!

5STEPオンライン動画講座を期間限定で無料で公開します!

毎月400名以上の方が無料で参加!私もマイナス12キロのダイエットに成功!!女性らしく健康的な体に。【食べる”ほど”にキレイに痩せる】

>>ベルラスダイエットの5STEPオンライン動画講座の登録はこちら

下下下下