やると決めていったんスイッチがはいれば、昔から松田さんは恐ろしいくらい調べる癖があります。

 

お酒を控えようとしてアルコール量を減らせば、

 

・糖質の量を減らせたり、

 

・肝臓の機能がよくなり、代謝が上がったり、

 

・ビタミン・ミネラルの栄養素を効率よく使えたり、

 

痩せやすい体質になることがわかりました。

 

→→→ 食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中

 

身体の中の一番大きな臓器って肝臓だし、やはりそれを上手に機能させるのが、一番効率がいいような気がしました。

 

しかし、実際にアルコールを控えようとすると、必ずと言ってもいいほど、周囲の妨害にあいました…笑。(と感じていました。)

 

「今日は絶対飲み過ぎないぞ!!」と心に決めていても、友達や同僚との楽しい会話。

 

キンキンに冷えた美味しいビールや、入手困難な焼酎。
お酒に合うこってりなおつまみ・・・

 

もう、過去の記憶の中での快楽を思い出してしまったら、たまりませんよね(笑)

 

 

脳にその記憶や身体にその感覚がまとわりついて、全身全霊で私に負荷をかけてきます…笑(と感じていました。)

 

そうなってくると、わたしに残された選択肢は、『一杯ぐらいならいっか』

 

そのうちね、「女心と秋の空」

 

さっき言ったことが嘘のように見事に逆転し、自分でも、予想もつかないような展開に『ねぇねぇねぇ、松田さん。今日ぐらいいんじゃないですか?』(という、心の声)

 

お酒を飲むと、ついつい気が大きくなるもので「あと一杯だけ!」が、止まらなくなってしまうミステリー・・・

 

その後のオチは、シメ麺類か食後のアイスクリーム。(バンザイ\(^o^)/)

 

 

ダイエットを決心したものの、一体どうやって痩せるんだろう?

 

まずは自分の太った原因を考えなければいけませんよね。

 

でも、私の場合、原因は割と明白…

 

そんなこんなの翌朝、パンパン・むくむくになった顔を見て、現実から逃避したい。

 

「私ってなんで、いつもこうなんだろ・・」

 

「なんでこんなに意思が弱いんだろ・・・」

 

「やっぱり私にダイエットは無理かも(涙)」

 

そこで、『お酒を控える』は一旦棚上げして、炭水化物を減らしてみようかと思い、当時は独身だったので、今はやりの低糖質のレシピ本を3冊も大人買い。
家に帰って本棚に入れてみると、全く同じ本が一冊ありました。

 

Σ(・□・;)

 

本を買っただけで満足してしまうという悪いクセ!

 

あっちゃ~・・・と思い、本棚には戻さず目に見えるキッチンに置いておくことにしました。

 

・・・っと、こんな感じでもう、全然ダイエットが前に進まないっ!

 

 

お酒が好きな方は、とくにダイエットがなかなか前進しないって多いケース。

 

だって、快楽だから。

 

ストレスを抱えている人ほど…><

 

昔の私のように、飲み過ぎた後に現実逃避して、覚悟→挫折→覚悟→挫折・・・

 

そんなループを繰り返しているあなたに大好きなお酒を飲みながらでも、できる工夫をお伝えしていきます^^

 

ということで今日は!

 

【飲みすぎた後に後悔で終わらずにダイエットを前進していけるコツ!】を解説〜〜♪

 

===============

★関連動画はこちら★

〜お酒に飲まれた20代!飲みすぎた後に後悔しないためのコツ〜

【飲み過ぎがなかったことになる?!3つのコツ】

出演講師:ベルラスダイエット講師

================

 

では早速、一緒にチェックしていきましょう!

 

1、糖質の低いお酒を飲む

 

ビール、発泡酒、日本酒、梅酒などの醸造酒は、アルコール以外に【糖質】が多く含まれています。

 

そのため、ダイエット中にお酒を飲むなら、焼酎、ウイスキーなどの蒸留酒がおすすめです♪

 

 

私も食事改善を始めてからは、ビールは乾杯の時だけにして、そのあとはハイボールを飲むようにしています^^

 

ただ、ここで注意することが一つ!
ハイボールは、ジンジャーエールなどの、ジュースで割られているものも多くあります。

 

オーダーするときには、砂糖の入っていない、シンプルな炭酸水で割ったハイボールを選ぶようにしています^^

 

 

 

2、水を飲む

 

アルコールの利尿作用で、お酒を飲んだ次の日は脱水になりやすいです。

 

「むくんでいると、水分は控えた方が良いのかな?」と思っている人もいるかもしれませんが、実はそれは逆なんです!

 

詳しくはこちら

http://ouchi.belle-lifestyle.com/2019/11/11/3160/

 

そして、脱水状態になると、食欲も増大しやすいです。
なので、お酒を飲んでいる最中は、お酒と同量の水を飲むようにしています^^

 

(チェイサー必須!!)

 

帰宅後、翌日も、いつもより意識して水を飲むようにしています^^

 

 

これで、飲みすぎも、二日酔いになることも防げるようになりました!

 

3、食べる!

 

飲んだ次の日は、やたらお腹が空きませんか?

 

それは、体が栄養不足になっている証拠なんです。

 

実は、アルコールを代謝ためには、ビタミン・ミネラルなどのたくさんの栄養素が消費されてしまいます。

 

そのため、飲んだ翌日の体は、栄養不足になってしまうのです。

 

だからと言って、何でも良いから欲求のままにたくさん食べるというのはNG。

 

それは、言わずもがな。

 

ここでオススメなのは、野菜・きのこ・海藻類♪

 

 

これらのものをいつも以上に意識して食べると、不足していた栄養を補給することができますよ^^

 

たくさん食べることで、その行為が飲酒翌日の食べたい欲求にも応えることができます♪

 

いかがでしたでしょうか?

 

今でもお酒が大好きで、スタッフやベルラス仲間とお酒を楽しんでいる私ですが、これらの工夫を意識することによって、飲み会があるからと言って、太ってしまうということは、全くと言って良いほどなくなりました^^

 

量もコントロールできるようになったので、1杯、飲んでも2杯で満足できるようになりました。

 


何より、飲んでも大丈夫と思えることで、飲み会も心から楽しめています!

 

 

私たちは、大切な人とのお酒の空間を少しの工夫で、気兼ねすることなく楽しみながら、ダイエットを前進させていきましょう^^

 

ベルラスダイエット受講生様でも、お酒を適量にできるようになった、楽しみながら痩せられた!

 

そういった声もたくさんいただいているので、ぜひ成功者のメンバーのストーリーを読んでみてください^^

 

そして、私にもできる!

 

『できる』という前提を刷り込んでいきましょう^^

 

結果はどんな前提で取り組んでいるのかで変わってきます^^

 

ダイエットを私にもできる!前提だと、日々の考え方、選択、行動が変わっていきますよ^^

 

せひ、前提を変えるために読んでみてくださいね!

 

https://ameblo.jp/love-mylife88/theme-10099243541.html