ベルラスダイエットの受講生様から、先日、こんなご質問をいただきました。

 

↓  ↓  ↓

 

==========

 

「ベルラスダイエットを受講して、改めて食の大切さに気づき、子供にも好き嫌いせずに食べてほしいのですが、偏食がひどいんです・・。何か良い工夫はありますか?」

 

==========

 

心身ともに元気に育って欲しいと思って、一生懸命食事を作っても、子供が好き嫌いして食べてくれないと、本当に悲しいですよね…(><)

 

でも…ご飯は食べない割に、お菓子はやたら『食べたい!ちょだい!!!』と欲求してきたりして(涙)

 

保健師として、地域の保健センターで働いていた時も、多くのママさんから同じような悩みを聞いていました。

 

私自身も絶賛子育て真っ最中なので、この悩み・・・よ〜く分かります!!

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に
痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中

 

一見、子供の偏食とダイエットって、関係がないように感じますよね。

 

しかし、あなたのダイエットと子供の食生活は、大いに関係している可能性大です!!

 

なぜかと言うと、親の食生活が子供の食生活のベースになっていくからです。

 

つまり、あなたが肥満や病気になるような食生活だと、将来、お子さんも、同じような悩みをもってしまう可能性がめちゃくちゃ、高いんです・・・

 

 

子供には自分と同じように、ダイエットや健康で、悩んで欲しくない!と思いますよね?

 

そんなママさん達のために!

 

今回は、【ダイエットと食育の両立】についてお伝えしていきますね^^

 

===============

★関連動画はこちら★

〜発達障害の息子と向き合って18年。今、母として伝えたいこと。〜

【(経験談)ADHDと食事の関係】

出演講師:ベルラスダイエット講師

===============

 

それでは早速一緒にチェックしていきましょう!

 

 1、味噌汁を食べる

 

みそ汁がダイエットに効果的というのは、何度かお伝えしたことがありますよね^^

 

まだ読んでいない人はこちら

 

http://ouchi.belle-lifestyle.com/2020/01/13/3626/

 

みそ汁はダイエットだけでなく、毎日のお子様のお食事にも、もちろんオススメです!

 

なぜなら、みそ汁は、野菜・きのこ・海藻類など、様々な食材を一度にたくさん食べることができるからです。

 

 

特に個人的にオススメな工夫は、【甘い野菜を一緒に入れること】

 

例えば、玉ねぎ、ネギ、キャベツ・さつまいもなどなど^^そうすることによって、お味噌自体の甘みも重なって、子供も食べやすくなりますよ^^

 

我が家の息子も、玉ねぎ、ネギ、キャベツ・さつまいもが入っていると、みそ汁を食べてくれます^^

 

 

生の野菜は苦手・・・という子供は多いですよね!

 

我が家の息子もご多分に漏れず・・・そう!!

 

そういった子には、無理にサラダを食べさせようと、子供も、私たちママも、イライラぶつかりあったりするよりも、まずは、お子様の好きな野菜を入れたみそ汁を作ってあげてみてください^^

 

2、一緒に作る

 

これは食育の定番!

 

毎日忙しかったりすると、そんな余裕はないよ〜という方も多いと思います。

 

しかし、例えば土日の余裕がある時だけ、作っているのを見せるだけでもオススメですよ^^

 

 

うちの息子も、私が料理を作っているのをイスに登ってよく見ています。

 

そうすると、「それ食べてみた〜い!」と、茹でたブロッコリーをパクっ!完成した料理を味見でパクっと、どんどん食に興味をもち始めて、割と好き嫌いなく何でも、食べるようになってきました^^

 

そして、お米を計って、お米をといで炊飯ジャーのスイッチを押すのは、息子の役割になっています^^

 

ダイエット中のママにとっても、家で自炊する機会が増えるというのは、糖質・脂質のとりすぎになりやすい外食を避けられるので、一石二鳥ですよね♪

 

 

このように自炊がオススメだからといって、難しく考える必要はないですよ^^

 

子供と一緒にできる切る(ちぎる)だけ・焼くだけなど、シンプルなお食事の方が、実は!ダイエットにも健康にもオススメ^^

 

3、質を意識する

 

食べるダイエットでは、食べるものの質を意識することが大切!

 

耳タコレベルで、お伝えしてきましたよね・・^^;

 

農薬・食品添加物・トランス脂肪酸などの質のよくない油。

 

こういったものをできる範囲で避けることは、代謝アップ・アンチエイジングに効果的なだけでなく、もちろん子供の健康な心身を作っていくためにも、大切なことだと思います。

 

 

とはいえ、毎日オーガニックや無農薬を意識する、添加物は一切とらないなどというのは、なかなか難しいもの。

 

そんな時は、食べる頻度・使う頻度が多い食品・調味料から質を意識してみたり、(私は醤油・酒・味噌・みりんの質から意識しました^^)買う前に原材料をみて、できる範囲で不要なものが、少ないものを買うようにしてみてください^^

 

いかがでしたでしょうか?

 

栄養のある食事をとることは、ダイエットや、自分の心身の健康だけでなく、お子様やご主人の心身の健康にもつながっていきます^^

 

まずは、私たち自身が!

 

栄養のある食事を、美味しく食べることを楽しんでいきましょう♪

 

そんな背中を見て、変化していく姿、本気で取り組んでいる姿を感じていただいて『僕もやってみようかな…』と、じわじわと家族を巻き込んじゃいましょう^^

 

そうやって、自分だけでじゃなくって、家族の未来をも変えていきましょう〜♪