美腸を作る!今日は【後編】をお届け〜

 

松田リエです。

 

さて、ベルラスダイエットでは『美腸』をつくる13の法則をお伝えしています。

 

 

前回は、中でも3つに厳選して前編をお伝えしましたが、読んでいただけましたでしょうか?

 

(まだの方はこちらから→美腸を作る!今日は【前編】をお届け〜

 

【美腸のための3つの法則<前編>まとめ】

 

①起きてすぐ『コップいっぱい程度の水』を一気に飲む

 

②一日を通して、ちょこちょこ水を飲む

 

③発酵食品を摂る

 

耳タコ?かもしれませんが、その理由と、ポイントについてまとめました^^

 

まだの方は、今日のブログと合わせて、ぜひ読んでみてくださいね!

 

ということで、本日は、後編をお届けします♪

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中

 

今日も3つにしぼってお伝えします^^いきますよ〜

 

美しい腸=【美腸】をつくる法則【後編】

 

まず1つ目は、『ストレス』を溜め込まないようにする、です。

 

『ストレス』を溜め込まないようにする

 

理由は【腸と脳】は、神経によってつながっています。

 

なので、ストレスで精神的に緊張すると、自律神経のうちの交感神経が優位になり、大腸のぜん動運動が【抑制】されるからです。

 

だから、おなかが動くのは、交感神経・副交感神経、どちらが優位のときかというと、答えは・・・

 

前文からも予測がつきましたね。

 

副交換神経が優位なとき。

 

なので、自分なりの『ストレス解消法』を工夫するのが美腸のためにも大切なのです。

 

 

あ〜〜〜育児に仕事に、夫との関係に、ストレスだらけだから、交感神経が優位の時間が長く、便秘になるのも無理ないか・・・と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

・・・・

 

でも、そんなあなたに朗報です!

 

実は、交感神経から副交感神経に、意識的に簡単に切り替えられる方法があります。

 

それは・・

 

『深呼吸』です。

 

 

ストレスを感じた時は、大きく息をすってゆっくりその息をはいてみてください。

 

私も、呼吸が浅いので、意識的に深呼吸したり、寝る前に呼吸のトレーニングをしています。

 

そんなことで・・?と思うかもしれませんが、仕事に家事に育児に忙しい私たちは、ストレスを発散するために、1人でゆっくりリラックスする『時間』をつくったり『場所』に身を置くことは難しいですよね。

 

中でも、呼吸はいつでもどこでも短時間で神経を落ち着かせられるんです。

 

私たちは、腸のためにも、呼吸をも味方につけましょう。

 

『便意のタイミング』を逃さないようにする

 

2つ目は『便意のタイミング』を逃さないようにする、です!

 

ここであなたに質問です。

 

???

 

あなたは、便意があっても我慢するほうですか??

 

 

今は忙しいから、あとでいっか・・と思って、少々の便意なら、私は・・・我慢してしまうタイプでした。

 

しかし、便意を我慢して、出口の肛門を『便が刺激している状態』がしばらく続くと、どうなっていくのでしょうか?

 

・・・

 

実は、肛門はのびきってしまい、刺激に反応しなくなります。

 

しかも、ぜん動って1日に何回も起こるものではないんです。

 

『1日1~2回』しか起こらないと言われているので、なおさら、【朝の便意は大事】ってことに気づいてから、化粧をしていても、着替えていても、すぐにお手洗いに直行するようになりました笑。

 

また、イメージできると思いますが、我慢して便をためてしまうと、便の水分が腸に再吸収されて
便が硬くなり、ますます出にくくなってしまいます。

 

なので、便意を感じたら、『今しかない!!』と思ってお手洗いに駆け込んでくださいね!

 

そうやって、便意に鈍くなっている感覚を徐々に取り戻していってくださいね^^

 

これもある意味リハビリトレーニングです。

 

『マッサージ』をしましょう。

 

3つ目は、『マッサージ』をしましょう。です!

 

 

おすすめは【腸内が温められるお風呂】でのマッサージです。

 

気になるマッサージの方法は、ベルラスタイルの記事を参照にしてください^^→https://bellelustyle.com/ashiura_massage/

 

詳しく図が載っています。

 

1週間に1〜2回程度の排便がある方は、『左肋骨の下から円を描くようにおへその下へ』マッサージするだけでOK!^^

 

しかし、1週間以上出ていない生活を長年続けている方は、便の重みで横行結腸が垂れている可能性があるので『おへその右下から左肋骨にかけて』持ち上げるようにマッサージしてくださいね!

 

いかがでしたか?

 

 

【美腸のための3つの法則<後編>まとめ】

 

①『ストレス』を溜め込まないようにする

 

②『便意のタイミング』を逃さないようにする

 

③マッサージをする

 

腸内の悪玉菌と善玉菌は、24時間、365日ず〜〜っと勢力争いをしています。

 

常に、善玉菌優勢の腸内環境にできるように、善玉菌が喜ぶ食事と、悪玉菌の餌をなるものの摂取を控えていき、すっきり過ごせるようになれると毎日もより快適になりますよ^^

 

美腸は1日にしてならず。

 

【継続】が大切です。

 

できることから少しずつ始めてみてくださいね^^

 


 

【 情報 】

情報が溢れる時代だからこそ私たちのダイエットは今・・痩せにくい体質だからと諦めかけているというあなたへ

痩せるための「運動」も「食事制限」も結局続かない・・看護師考案の人生最後の㊙︎ダイエット術

食事だけでさらりとダイエットを手放せたワケとは?今日から食べはじめれば今日から理想の痩せ体質はつくれる?!

5STEPオンライン動画講座を期間限定で無料で公開します!

毎月400名以上の方が無料で参加!私もマイナス12キロのダイエットに成功!!女性らしく健康的な体に。【食べる”ほど”にキレイに痩せる】

>>ベルラスダイエットの5STEPオンライン動画講座の登録はこちら

下下下下