ダイエット効果UP!睡眠の質を高める4つのコツ

 

松田リエです。

 

さて、睡眠不足によって、ホルモンバランスが崩れると“プチ飢餓”の状態に陥ってしまいやすくなります。

 

ということで、食欲と睡眠の関係について以前お伝えしました。

 

(参考記事:食欲をコントロールするためには、まず◯◯!

 

脳はあなたを守るために、メカニズムを変えてしまうのでしたね。

 

食欲が旺盛になり、味覚・嗅覚が鈍くなり、油っぽいものや甘いものを無性に食べたくなったり、あるいはエネルギーの消費を抑えようと、食べたものを脂肪として蓄えようとしたり、インスリンを働きにくくして、血糖値が下がらないようになったり・・・( ´Д`)y

 

そうして、無意識のうちに、太りやすいものを選んで食べてしまうのです。

 

そういう時は

 

夜更かししていないか?

 

睡眠は十分足りているか?

 

振り返ってみてくださいね。

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中  

 

食べ物の制御がきかないからといって、あなたの意思が、決して弱いわけではないのです。

 

自分を責める前に、『睡眠時間の確保』が最優先です^^

 

これまでに、“睡眠時間を十分にとることの大切さ”についてお伝えしてきました。

 

実は睡眠は、時間だけでなく、“質”も大事です!

 

では、睡眠の質 が良くない とは、どいう言ったことでしょうか?

 

 

毎日6〜7時間睡眠をしっかりとっているのに、朝起きたときにななぜか疲れが取れていない・・・。

 

熟睡できなくて、夜中に目覚めてしまう・・・。

 

なかなか寝付けない・・。

 

朝になっても、なかなか起き上がれない・・。

 

 

そんな日々が続いているならば、おそらくあなたの睡眠の質が、低下している可能性があります。

 

受講生様とのカウンセリングでも、こうした睡眠に関する悩みを抱える人は、増えているように感じます。

 

かと言う私も、今では、目覚ましがなくても朝の4〜5時に起きることができて、今こうしてブログをお届けしていますが、(予約投稿です^^)

 

以前は、朝になって、明るくなっても、なかなか起き上がることができずに、目覚ましを30分置きに3回セットして、自分にムチ打つようになんとか起き上がり、いつ事故をおこしてもおかしくない、そんな状態で車通勤していました。

 

でも、仕事の時間になっても、眠くて仕事モードになかなかなれず、悩んでいた時期もありました。

 

しかも、睡眠時間とは関係なく、時間的には寝ているはずなのに、ゆっくり休んだ気がしなくて、日中にも眠気があり何度もあくびが出る。今すぐにでも横になりたい・・

 

 

一番の悩みは仕事中に突然睡魔に襲われ、一瞬意識がなくなること・・でした。

 

前日熟睡した〜と思っていても、ほんの短い間、”落ちている”・・・

 

休日は、9時ごろまでゴロゴロして、ランチを食べたら、また昼寝をして・・リア充とは程遠い・・

 

(充実というよりとにかく充電!!)

 

そんな状態でした。

 

結局、その頃は、サプリメントを飲んだらシャキッとするのでは?と思い、薬局で手当たり次第、サプリメントを買いあさっていましたが、痩せられない問題だけではなく、睡眠問題も解決されず・・

 

苦い記憶として私の中に残っています。

 

あなたはいかがでしょうか・・?

 

今、痩せられないだけではなく、睡眠についても悩んでいたりしませんか?

 

 

そして、熟睡できない原因は、日常の何気ない習慣や環境に潜んでいるのかもしれません・・><

 

ふだんの行動を少々変えるだけで、睡眠の質はグンとよくなります。

 

しかし、睡眠によかれと思ってやっている行動と、原因がズレていることもあるのかもしれません。

 

ということで、今日のブログでは、ダイエットの効率上げるためには、『睡眠は時間だけではなく質も大事!!!睡眠の質を高める4つのコツ』について、お伝えします^^

 

質の高い睡眠がとれていないとどうなるのかと言うと、1つとして、ストレスが増えます。

 

 

ストレスホルモンの“コルチゾール”の分泌が増え、食欲を抑える“レプチン”の分泌量も下がってしまうのです。

 

つまり、いくら睡眠時間を確保しても、質の高い眠りでなければ、ストレスによる食べすぎ、体脂肪のつきやすさが生じてしまうのです。

 

でも、安心してください。

 

睡眠の質を高めるには、4つのコツがあるので、一挙に公開していきますね!

 

↓  ↓  ↓

 

(1)寝る2時間前には、食事を終わらせること。

 

胃などの消化器官が、活発に動いている状態では、体が休まらないからです。

 

(2)夜のブルーライトの使用を控えること。

 

ブルーライトには脳を興奮させ、覚醒させる効果があるので、目が冴えて眠れなくなってしまいます。

 

 

(3)入浴時は、お湯に浸かって体を温めること。

 

血液循環が良くなり、リラックスすることができます。

 

シャワーだけで済ませないようにしてくださいね。

 

ただし、寝る直前に入ると、逆効果になるので要注意です。

 

(4)夕方から夜にかけて、ゆったりと過ごすこと。

 

できれば、照明を暗くするなどして、活動モードの交感神経から、リラックスモードの副交感神経にスイッチを切り替えましょう。

 

 

どうですか?

 

ひょっとしたら、毎日すべてをするのは難しいと感じたかもしれませんね?

 

まずは、できることから、1つずつでもいいので、実践していってくださいね。

 

きっと効果を感じてもらえると思います。

 

私も、この4つは習慣にしています。

 

今では、睡眠問題で悩むことはなくなり、毎日フルパワーで、家事に育児に仕事に自分磨き?!に取り組めていますよ^^

 

もちろん食事も睡眠に関係するので、またブログのテーマにしていこうと思います。

 


 

【 情報 】

情報が溢れる時代だからこそ私たちのダイエットは今・・痩せにくい体質だからと諦めかけているというあなたへ

痩せるための「運動」も「食事制限」も結局続かない・・看護師考案の人生最後の㊙︎ダイエット術

食事だけでさらりとダイエットを手放せたワケとは?今日から食べはじめれば今日から理想の痩せ体質はつくれる?!

5STEPオンライン動画講座を期間限定で無料で公開します!

毎月400名以上の方が無料で参加!私もマイナス12キロのダイエットに成功!!女性らしく健康的な体に。【食べる”ほど”にキレイに痩せる】

>>ベルラスダイエットの5STEPオンライン動画講座の登録はこちら

下下下下