手っ取り早く『水太り』を解消する食べ物とは?!

 

松田リエです。

 

さて、体重が増えるには3つの原因があります。

 

まず、1つ目は脂肪。

 

そして、2つ目は、ゴミ太り。

 

 

体の老廃物は硬くなってしまうと、皮下脂肪の塊、“セルライト”になるので、“セルライトをつくりにくくする方法”を前回お伝えしました。

 

(参考記事:◯◯化した脂肪は燃焼しにくい!予防と改善法を公開!

 

少しおさらいしますと、セルライトは、脂肪細胞に繊維状のコラーゲン(たんぱく質)が、栄養不足や過剰糖質によって線維化してしまい、巻き付いている状態・・で、体全体の循環をよくするためには・・・

 

“体を温める習慣を大切にすること。そして、柔らかくするために、マッサージが効果的”と、お伝えしました^^

 

今日は、体重が増える3つの原因①脂肪・②老廃物ときて・・・3つ目は“水毒(水太り)”と、その対策”についてお伝えします^^

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中  

 

さてさて、まず、水毒とは・・・

 

本来なら、尿として排出されるはずの水分がうまく流れずに体内で滞ってしまい、そのまま、“不要なものとして体内で溜まっている状態のもの”を指します。

 

一般的に、太り方のタイプには先ほどお伝えしたように、

 

◎水太り

 

◎脂肪太り

 

◎筋肉太り

 

の3つがありますよね。

 

水太りは、水毒が体内で溜まっている状態のことをいいます。

 

 

水毒(水太り)の人の特徴としては、以下の6つがあげられます。

 

1.顔や下半身がむくんでいる

 

2.体がいつも重くてだるい

 

3.体を動かしていないのに、水分を過剰に摂取している(2L以上)

 

4.ふくらはぎの筋肉が弱っている(重力で下がった水を押し戻せない)

 

5.暴飲暴食や糖質を取り過ぎている(内臓機能が低下)

 

6.肝機能の低下(飲酒・甘いコーヒーなどの取り過ぎで胃腸・腎臓機能が低下)

 

いかがでしょうか?

 

むくみがひどく、冬になるとロングブーツが入らなくなったり・・

 

朝起きると、アイライナーがうまく引けないほど目が腫れていたり・・

 

むくんでさらに二重アゴになるのが嫌で小顔マスクをしながら寝ていた頃の私は・・上記の6つの項目の中で3、以外全て当てはまっていました。

 

なので、私の体は残念ながら、脂肪・ゴミ(老廃物)・水(水毒)が溜まった、トリプルパンチの体だったということです。

 

それだけ、体にとって不要なものを腸内だけではなく、全身の至るところに抱え込んでいたら、24時間だる重〜って当たり前ですよね。

 

 

ではでは、水毒(水太り)の対策には、以下の3つが有効となりますので、上記に該当する方は、必読ですよ!

 

↓  ↓  ↓

 

◎ふくらはぎをマッサージする

 

◎ふくらはぎの筋肉を鍛える

 

◎お腹を温める(循環をよくする)

 

これらを、行うことで、体内で溜まっている水が動き始めるのです。

 

 

水太り対策にふくらはぎ?!って意外!!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね^^

 

ふくらはぎは、第2の心臓と言われていますが、聞いたことはありますか??

 

なので、摂取した水分をうまく循環させるために、第二の心臓をマッサージするのはとっても有効なのです^^

 

ちなみに私は、お風呂の中でふくらはぎを『循環しろ〜循環しろ〜』と、モミモミしていますよ!

 

もちろん、水分の摂取は大事ですが、体内に水が溜まった状態でさらに、さらに、摂るのではなく、水分がうまく排出できる状態をまずはつくっていくこと。

 

 

消化も一緒ですよね。

 

まず、食べるダイエットでいきなり食べるより、消化力がない方は、まず消化できる状態を作りながら食べていく方が有効的。

 

話を戻しまして、水分代謝に関して、水分を排出できる状態をつくっていくために、おすすめな方法としては、

 

◎ふくらはぎをマッサージする

 

◎ふくらはぎの筋肉を鍛える

 

◎お腹を温める(循環をよくする)

 

を行い、体内の水の流れを良くしながら、水分摂取量を徐々に増やすこと、です。

 

このように、水分はダイエットに効果的だからと一気に増やすと、逆にむくみにもつながって代謝を下げる、逆効果?!ともなりえますので要注意なのです。

 

 

また、基礎代謝の3割は肝機能は担っているのですが、水太りしている方は、肝機能が低下している可能性があるので、肝機能を高めていくことも大事!

 

肝機能もあげてくれて、水の流れも良くしてくれる、食べるだけで手っ取り早く解消してくれるお助けフードが・・・

 

あるんです!!!!

 

そ・れ・は・・・、

 

「ブラックフード」

 

・・・????

 

ブラックフードとは、このような食品があげられます。

 

↓  ↓  ↓

 

◎黒豆

 

◎黒ゴマ

 

◎黒きくらげ

 

◎黒米

 

◎黒酢

 

◎昆布

 

◎わかめ

 

◎のり

 

いかがですか?とれていますか?

 

 

ブラックフードがなぜいいかというと、ファイトケミカルのアントシアニンのほか「カリウム」が豊富に含まれる食材も多く、体内の余分な水分の排出を促す効果もあるため・・です・・。

 

黒豆茶などは、ダイエットに効果的と言われ、ちょっとしたブームになっていますよね。

 

海藻を普段からしっかり食べている方は、肝機能アップ・水分代謝アップにお力添えできているはずです^^

 

しかも、ブラックフードの嬉しいところは、日持ちして、ストックできるものばかりということ^^

 

なので、キッチンに常備しておくようにしてみてくださいね!

 


 

【 情報 】

情報が溢れる時代だからこそ私たちのダイエットは今・・痩せにくい体質だからと諦めかけているというあなたへ

痩せるための「運動」も「食事制限」も結局続かない・・看護師考案の人生最後の㊙︎ダイエット術

食事だけでさらりとダイエットを手放せたワケとは?今日から食べはじめれば今日から理想の痩せ体質はつくれる?!

5STEPオンライン動画講座を期間限定で無料で公開します!

毎月400名以上の方が無料で参加!私もマイナス12キロのダイエットに成功!!女性らしく健康的な体に。【食べる”ほど”にキレイに痩せる】

>>ベルラスダイエットの5STEPオンライン動画講座の登録はこちら

下下下下