人はなぜ老化するのか。

 

松田リエです。

 

さて、今日は『老化』についてお届けしていきます。

 

細胞が老化すると言うことは、私たちの体も『老化』しているのと同じ。

 

ちなみに、細胞老化の原因は、大きく3つに分かれるのですが、あなたはイメージできますが?

 

その3つとは、【酸化】【糖化】【炎症】です。

 

中でも、病気は大きな【急性炎症】と言われていて、そこまでいかなくても、人は体のどこかに小さな炎症が起こっている場合が多く、それを【慢性炎症】と言います。

 

それによって、人は老けていくのです。

 

 

また、【炎症】だけではなく、【糖化】と【酸化】も相互に影響し合って、細胞レベルでの老化を加速させていると考えられています。

 

たとえば、喫煙をされている方、または家族で喫煙者の方がいる場合、体は強い『酸化ストレス』も受けますが、同時に『糖化ストレス』も受けると言われていて、老化が加速してしまうのです。

 

・・・( ; ; )

 

そして、代謝の低い方は、この細胞の老化が進んでいる可能性が大・・・!!

 

そんな老化を防ぐ救世主の1つとなるのが、最近、このブログでも登場する回数が増えている【オメガ3】です。

 

オメガ3は『DHA』や『EPA』などの栄養が豊富でなんと!

 

『体の炎症を抑える働き』があるのです。

 

とは言っても、摂り方が限られていて、継続的に摂るのは難しそう・・と感じている方も多いのではないでしょうか?

 

よく聞くのは、亜麻仁油やエゴマ油・・・でしょうか。

 

 

でも、【オメガ3を摂取する方法】は、他にもさまざまあるのです。

 

例えば、

 

*青魚のお刺身を食べる

 

*鰹節やしらすをご飯やサラダなどにのせる

 

*チアシードをヨーグルトに入れる

 

*サバやサンマの缶詰を食べる

 

などなど。

 

特に、このオメガ3は、【青背の魚】に多く含まれています。

 

ダイエットの観点から考えると、調理の仕方はいろいろとありますが、オメガ3は加熱により酸化しやすいので、ベストな調理法は【生の刺身】です。

 

 

または、缶詰も豊富に含まれていると言われています。

 

だから、オメガ3をしっかり摂って、炎症から体を守って、アンチエイジング(抗老化)を考えていくのであれば、

 

【青魚のお刺し身】または、【缶詰】がオススメ!

 

 

さらに、1日に1~2回【亜麻仁油やエゴマ油】を、サラダや納豆、ヨーグルトなどにかけて食べると、(私は摂りやすいのでそうしています^^)

 

毎日簡単に不足しているオメガ3をGETできますよ^^

 

意識してほんの少し食べるだけで、全く違いますので、試してみてくださいね♪

 

 

→→→ 当サイト執筆者、松田リエが食べる”ほど”に痩せるベルラスダイエットを、無料セミナーで公開中  

 

今日は最後に、あなたに質問です。

 

あなたは、今、ダイエットがうまくいっていますか?

 

・・・?

 

もしいま、ダイエットがうまくいかなくて落ち込んでいるなら、前向きになるとっておきの方法をお伝えしたいと思います。

 

それは・・・

 

「よし、浮上する!」と宣言して、底を思いっきり蹴るのです。

 

 

ダイエットがうまくいかない多くの方は、自分の感情や気持ちの渦にズブズブ溺れてしまっています。

 

だから、浮上すると決めて、グングン水面に向かって登って行く。

 

まずは、カーテンをパンっと開けて、太陽をサンサンと浴び、背筋をぴんと伸ばして、口角を上げる。

 

「よし、復活!」と高らかに宣言してみる。

 

気持ちは、身体と言葉で切り替わります。

 

身・口・意、3つを一緒に動かす事です。

 

だから、私は、食事に関わらず、何事もやらずに、難しいと考えない事を意識するようになってから、人生に拡がりを感じられるようになりました。

 

やってみて、無理ならば、何か次の方法を考えて試してみればいいのです^^

 

【 情報 】

情報が溢れる時代だからこそ私たちのダイエットは今・・痩せにくい体質だからと諦めかけているというあなたへ

痩せるための「運動」も「食事制限」も結局続かない・・看護師考案の人生最後の㊙︎ダイエット術

食事だけでさらりとダイエットを手放せたワケとは?今日から食べはじめれば今日から理想の痩せ体質はつくれる?!

5STEPオンライン動画講座を期間限定で無料で公開します!

毎月400名以上の方が無料で参加!私もマイナス12キロのダイエットに成功!!女性らしく健康的な体に。【食べる”ほど”にキレイに痩せる】

>>ベルラスダイエットの5STEPオンライン動画講座の登録はこちら

下下下下