甘いものに手を出す【永遠の課題】解決法

 

松田リエです。

 

ストレスを抱えてイライラしたり・・

 

何となく手持ち無沙汰になると・・

 

家族が食べていると流されて・・

 

つい【甘いもの】に手を出して・・

 

もう・・・

 

今日からダイエットって、誓ったのに。

 

 

安くて美味しくて手軽に食べられる世の中、周りを見渡せば、誘惑だらけ。

 

【甘いものと自分との関係】は、永遠の課題かもしれませんね><

 

ということで、「後悔しないための私なりの対策」を、今日はご紹介していきたいと思います。

 

まず、私がオススメするのは・・・『散歩して軽く体を動かすこと』です。

 

ここで気をつけたいことは、2時間以上の激しい運動した後は、低血糖になりやすいため、ラーメンやパンなどの炭水化物を猛烈に食べたい衝動にかられやすく、返って逆効果にもなりやすいので、

 

軽めの散歩がおすすめです^^

 

 

もしかしてあなたは、散歩と聞くと、、、

 

「食べるだけじゃないのね・・」「な〜んだ、やっぱり運動??」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、なぜ、軽い散歩がおすすめかというと、

 

痩せるためというより、血流が良くなるので、滞っている思考も徐々に巡っていきます。

 

どうしても、ひとりの時間を長く過ごしていると、その時間の分だけ『考えること、悩む時間』も多くなります。

 

そして、時間があると、つい悲観的なことを考えてしまうのが人間です。

 

 

同じことばかり、堂々めぐりで考えているとも言われています。

 

すると、ついつい甘いものに頼りたくなるものです。

 

ですので、散歩で、カフェや図書館、映画館、公園など『お気に入りリラックス空間』に立ち寄り

 

そして、日頃のストレスや、堂々巡りで考えていることをポンっと置いて帰る。

 

そんな、イメージを持ってみてはいかがでしょうか?

 

痩せるためより、循環を良くしながら、誘惑をするっとかわしていく目的です。

 

 

また、人間の習慣的な考えの8割は、ネガティブなことを考えていると言われるほど、意識していないと・・・

 

【ネガティブループ】に陥ってしまいます。

 

これを続けると、頭の中が失敗体験や不安体験で、埋め尽くされてしまいます。

 

(>_<)

 

自尊感情も下がってしまい、自分に自信をもつこともできなくなってしまいます。

 

『人間は寝る前に考えた人間になる』という言葉がありますが、これは心理学的に正しいとまで言われています。

 

 

そんなときは・・・『夜に物事を考えるのはやめましょう!』

 

そして、解決困難なことは考えずに早く寝て、その分早く起き、温かい飲み物、好きな本や映画、朝のお散歩・・などなど

 

充実した朝を過ごしてみて【甘いものと自分との関係】を修正してみてはいかがでしょうか?

 

少し、話は少し変わってしまうのですが、甘いものをどうしても摂りたい場合、◯◯を意識するだけでも、効果的な方法があります。

 

ここであなたに質問です^^

 

あなたは、3大栄養素の1つ、タンパク質の中には、糖質を吸収する働きがあるのものがある!ことを知っていますか?

 

タンパク質の一種・・・それは、【B-マルワン】です。

 

この【B-マルワン】には、糖質の吸収力を高め、『脂肪を蓄積させる作用がある』ため

 

B-マルワンが増加する『時間帯の食事は控えた方が良い』とされています。

 

言い換えれば、B-マルワンが低くなる【昼】の時間帯は、『食べても太りにくい』ということです。

 

 

なので、この【B-マルワン】の働きを意識して、痩せやすい状態をつくるためには、以下の3つのポイントを意識してくだいね^^

 

↓  ↓  ↓

 

1. しっかり食べるなら【昼ごはん】

 

2. 間食は【15時のおやつ】がベスト

 

3. 夕食後は昼の『20倍太る?!』

 

つまり・・・

 

夕食後はお口チャック!

 

となります。

 

このように、食事する時間帯を考えることで【血糖コントロール】ができるということです。

 

<<今日のまとめ>>

 

甘いものに溺れてしまいそうな時は、軽い散歩と早い時間の入眠によって、体内・思考の循環セルフコントロールを意識していく。

 

そして、食事をするときは食べる時間帯を考え、血糖コントロールを意識していく。

 

PS:

その他、甘いものとの付き合い方は無料メール講座(動画付き)の中でもお伝えしています。

 

毎日のメール講座を読み進める中で、きっと日々の食生活を振り替えってみて、気づきがたくさんあるはずです。