食べる=エクササイズという考え方

 

松田リエです。

 

一般的なダイエットでは、食事制限をしながら辛い運動をプラスして、筋肉をつけるようなイメージがありますよね。

 

そして、「食べる=太る」

 

だから食べる量や回数を、減らさなければいけない。

 

 

ダイエットを頑張っている方ほど、そんなイメージを持たれている方が、圧倒的に多いのではないでしょうか?

 

しかし、ベルラスダイエットでは、考え方が少し違います

 

食べる=エクササイズ

 

・・・

 

「ん???」

 

となられた方も多いかもしれませんね^^

 

ベルラスダイエットでは、まずは太らない食事の基本を身につけてから

 

『筋肉を減らさないための運動』

 

『痩せるためではなく、健康になるための運動』

 

を推進しています。

 

 

女性の場合、30歳を過ぎると、【筋肉量】が減り始めるといわれていますよね><

 

何もしない場合だと、年間1%の筋肉が減るといわれています。

 

( ゚д゚)

 

ということは、あなたが今30歳だとすると、50年後の80歳になると

 

今より、約半分の筋肉量で生活することになるのです。

 

片足分の筋肉で、体全体を支えているような感じ?!

 

いかがでしょうか?

 

少し極端ですが、どのような状態か、イメージしやすいかもしれません^^;

 

そうならないように、筋肉を減らさないためにするのが

 

【運動】です。

 

 

そしてタンパク質がしっかり摂れていないと、筋肉はすぐに落ちてしまいます。

 

まずは『食べること』をベースにします。

 

それから『運動』です。

 

で、今日の本題の・・・

 

食べる=エクササイズ

 

という考え方についてですが、

 

そもそも、胃腸の7割は【筋肉】で、できていきます。

 

あなたは、聞いたことはありますか?

 

そして3食しっかり食べて、胃腸の筋肉を鍛えていかなければ

 

この胃腸の筋肉って、手足の筋肉、腹筋、背筋など全身の筋肉のように衰えていくのです。

 

(筋肉がやせ細ってしまいます)

 

すると、

 

・・・

 

胃でしっかり食べたものを消化できずに、腸に負担がきてしまいます。

 

そうなると、

 

・・・

 

消化不良で下痢や便秘を引き起こし、便を出す力も弱まってしまいます。

 

つまり、【便秘体質】になるのです。

 

 

従来の、ダイエットのために、食事を抜くということは、

 

全身の筋肉のみならず、胃腸の筋肉までも衰えていくのです。

 

その結果、消化吸収力が落ちて、便秘になりやすいばかりではなく、太りやすくもなってしまいます。

 

( ;  ; )

 

食べる=太る ではありません。

 

何をどれだけ、いつ、どのように食べるかを間違えなければ、

 

『胃腸を動かし、筋肉を鍛え、カロリーを燃焼させる』

 

 

といういい流れに、さらっとシフトチェンジできてしまうのです。

 

筋トレで腹筋を鍛えるように、3食しっかり食べるというトレーニングで胃腸を鍛えて、

 

さらなる痩せ体質へと繋げていきましょう^^

 

PS:

その他、便秘とダイエットの関係については、無料メール講座(動画付き)の中でもより詳しくステップでお伝えしています。

 

毎日のメール講座を読み進める中で、きっと日々の食生活を振り替えってみて、気づきがたくさんあるはずです。