松田リエです。
 
私は、朝メイクをするために、鏡を見ると、目の周りがむくんで
 
『はっ?やばい!ガチャピンみたい!!』
 
と心の声が漏れて、茶色のアイシャドウで目のむくみを隠したり・・・
 

 
口角を左右に引き上げて、笑いにくいくらい、
 
まぶただけではなく、顔全体のむくみもひどかったです。
 
靴もむくみでキツイ!
 
なんてことも日常茶飯事でした・・。
 
甘いものだけではなく、塩っ辛いものも大好き!!
 
でも、むくみ感じるたびに
 
『もう!!塩なんて、敵だ〜〜〜!!』
 
と息巻いてました。
 
しかしです。
 
・・・
 
塩に含まれる【ナトリウム】にも、生命を維持するための大切な、大切な役割があります。
 
体の機能を整える【ナトリウム】
 
私たちの身体に欠かせない栄養素です。
 
ナトリウムは、飲みもの食べもの、から摂取され、
 
■『細胞の機能を維持する効果』
 
■『筋肉の収縮、弛緩の働きを保つ効果』
 
■『神経機能を正常に保つ効果』
 
などの効果があります。
 
つまりナトリウムは、私たちの身体には必要な成分なのです^^
 

 
そして、気をつけたいことは・・
 
・・・
 
ナトリウムは、高温やスポーツなどで多量の汗をかいた時
 
さらに、激しい下痢をした時に、
 
必要以上に失われます。
 
その上、ナトリウムが不足すると…
 
・・・
 
血液の循環量が減り
 
『倦怠感や疲労感』を起こしてしまいます。
 

 
だから、過去の私のように・・
 
むくみの敵だ!敵だ〜〜〜!と、息巻く必要はないのです^^
 
大事なことは、ナトリウムには大切な作用がありながら、その反面ナトリウムの
 
『過剰摂取が慢性的に続く』と、排出できない分が体内に蓄積され、【むくみ】の原因にもなるということ。
 
毎日のナトリウムは過剰摂取には、気をつけていきたいですね。
 
ですから、適度な摂取が大切!!
 
ってことですが、では、では・・・
 
適度とはどのくらいなのでしょうか。
 

 
塩分の高い物が、あちらこちらに溢れている現代。
 
だからこそ、美味しいのですが^^
 
2015年版の厚生労働省が公表している、日本人の食事摂取基準の中で、
 
一日の塩分摂取量は【男性で8g未満、女性で7g未満】とされています。
 
ところが、
 
外食一食分の塩分って、3g超えるものが多いのです・・><
 
だからと言って、オールおうちごはん・・は、寂しかったりしますよね。
 
我が家も、週末は家族での外食を楽しみます^^
 

 
でも、塩分を摂りすぎないように、ちょっとした工夫はしています^^
 
そ・れ・は・・・
 
ドレッシングやソース類などの味付けに気を付ける!
 
そして自宅では・・
 
外食が多くなっても、帳尻が合わせられるよう、
 
なるべくシンプルな食事を摂るようにしていますよ^^
 

 
特に、調理に使用する【塩】には少しこだわっています!
 
海からとれる海塩は、【カリウム】などのミネラルが豊富です。
 
カリウムは身体の余分な水分を排出するので
 
要は、体をむくませないためには、
 
このナトリウムとカリウムの、2つの栄養素のバランスが大事!!だということ。
 
ただの食塩の場合は、カリウムをはじめとするミネラルがほぼ含まれていないため
 
↓  ↓  ↓
 
むくみに繋がります。
 

 
このことを知ってから、若干、海塩マニアとなりまして・・
 
ミネラル豊富な海塩を見つけては、コレクターしています笑!
 
正しい塩分の摂り方、そして、塩の種類に注意するのがポイント!!っということ^^
 
ベルラスは、こういった細かい工夫の仕方も、毎日のサポートで余すことなくお伝えしたり、成功事例なども、ご紹介していくので、
 
むくみが取れて、いっきに体重が減る方も多いですが
 
(人間の60〜70%は水分でできているので)
 
開始2週間ぐらいで、味覚が変わるような、
 
(ただしく言うと、本来の状態に戻る)
 
そんな方が、続出しています^^
 

 
そして、食材そのものの『旨味』を美味しく感じられる食事を、楽しめるようになれるといいですね!
 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!