甘いものをやめるという考えをやめる

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

松田リエです。

 

前回、私が糖質中毒だった過去をお話しました。

 

今日はその続きからお話させていただきますね^^

 

『もうダイエットを諦めて、このままぽっちゃり体型のまま、体を隠す服を着て、おしゃれも妥協して生きていくのか・・・』

 

なーんて思っていた、糖質中毒で、リバウンドを繰り返していた頃の私。

 

そんな時、私に転機が訪れました。

 

私はいつものように、ネットでダイエット情報を検索していました。

 

 

その時、綿の目に飛び込んできたワード。

 

それは

 

・・・

 

痩せられない人のほとんどは、栄養過多ではなく、栄養不足である。

 

当時の私にとっては、このフレーズは、それはそれは強烈な気づきだったのです。

 

その頃、私はちょうど保健師に転職し、メタボリックシンドロームや、糖尿病予備軍の方の食事指導に、たずさわるようになっていました。

 

そこで、患者さんだけでなく、自分自身の食事も見直すことにしました。

 

とはいっても、やったことは単純です。

 

栄養を意識して、ただ3食普通に食べるようにしただけ。

 

 

すると、何ということでしょう・・・

 

・午前中の仕事に力が入る

 

・昼食後も眠くならない

 

・夕食も適量で満足できるように

 

・朝の目覚めが良い

 

・イライラすることが少なくなった

 

・ダルさもなくなり、活力UP!

 

気がつけば、食欲がコントロールできるようになり、

 

甘いもの欲求も幾分おさまり、口にする頻度もガクンと減っていました。

 

気になる体重は、劇的な減りではありませんでした。

 

が、1年がかりで、ゆっくりゆっくり、確実に減っていきました。

 

毎月1キロずつ、1年で-12キロ達成しました!

 

ただ、普通に食べただけです。

 

それだけで達成できたのです。

 

(もちろん、運動・サプリ・ダイエット食品なし)

 

 

あなたはこんな↓経験ありませんか?

 

・子供を寝かしつけた後。ダメと分かっていながらも夜な夜な甘いものを食べてしまう…

 

・仕事帰り。我慢できずに駅の売店で、お菓子を買って、夕食までに車中でこそこそ食べてしまう…

 

・忙しい朝は、台所で菓子パンからスタート…

 

・甘いものを食べては、後悔を繰り返す毎日・・・

 

 

はい、私のダイエットに苦しんでいた暗黒時代の話でした。

 

もしあなたが、過去の私と同じように、甘いものに振り回されているなら

 

甘いものを我慢するのはやめましょう。

 

それよりも、ダイエットの近道があります。

 

それは・・・

 

そもそもなぜそこまで無性に、甘いものが欲しくなるのかを考えること。

 

甘いものを欲しがる原因に、目を向けた方が近道です。

 

そこで考えてみましょう。

 

なぜ、空腹のとき、甘いものが欲しくなるのか?

 

 

説明しますね。

 

「空腹=栄養不足」です。

 

栄養が欲しという体の叫び。それが空腹です。

 

一刻も早く、栄養が欲しい状態です。

 

ですから、少しでも早くエネルギーになるものが欲しくなるわけですね。

 

そこで活躍するのが糖質です。

 

甘いものに含まれる糖質は栄養素の中でも、最も早く、エネルギーとして使われやすいです。

 

だから、人は空腹になると、本能的に糖質が高いものを求めてしまうんですね。

 

つまり、甘いもの我慢するよりも

 

栄養があるものしっかり食べて、あなたの体も心も満たしてあげたほうがいいんです^^

 

そうすれば、甘いものが欲しいという、異常な欲求と戦わずに済みます。

 

 

もちろん、私も甘いものを我慢していません。

 

今も、こうしてブログを書きながら、芋が入ったロールケーキを一切れの半分

 

暖かいルイボスティーとともにいただきました(笑)

 

私たちは、甘いもの禁止したり、我慢するのはやめましょう。

 

それよりも、痩せられる範囲内で、体型をキープできる範囲内で

 

甘いものや嗜好品と、上手にお付き合いできる自分になリましょう^^

 

そのためには、栄養のあるものをしっかり3食、普通に食べることからです。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!