料理が苦手だと食べるダイエットは難しい?

 

松田リエです。

 

今日は、読者様からいただいているご質問にお答えしていきますね。


Q:料理が苦手だとダイエットは難しい?

 

A:苦手かどうかは関係ありません♪
いかに工夫次第で、栄養を摂るという意識に変えること♪

 

受講者さまの中には、このような方がおみえになります。

 

・一人暮らしでも料理が嫌いな方

・産後多忙につきキッチンに立てない方

・親が全て準備してくれるなど全く料理をしない方

・コンビニ食、外食を中心とした生活の方

 

・・・

 

などなど。

 

料理が苦手だったり、手の込んだ料理を作る時間がなかったり・・・

逆に時間を取れる人の方が少ないかもしれませんよね。

 

特に、ダイエット=自炊=時間をかけてしっかり作らなきゃ、というイメージが強いようです^^;

 

しかし!です。

 

実は、日々の食事内容をちょっと変えるだけで、痩せ体質を作ることは可能です^^

 

どんな栄養素を取っていくといいか、どのように組み合わせると、代謝アップにつながるのか・・のように栄養学と、体のメカニズムの観点からお伝えしていくので、

 

外食やコンビニ・スーパーでの選ぶときにも、これだけ抑えればいいんだ!と、あなたが意識出来るようになります!


つまりのこと料理も、切ったり、焼いたり、茹でたりできれば充分なんですよね^^

 

「この料理名なんだろう?」くらいのシンプルな料理でいいんですよ。笑

 

受講生にも料理が苦手な方は、沢山いらっしゃるのですが、

 

「あ、これだけでも料理になるんだ」と思っていただいて

 

『キッチンに立つ回数がいつの間に増えた!』

 

『逆に、手抜き料理ができるようになって、キッチンに立つ時間が減った!』

 

なんて声もいただいてるんですよ。

逆に手の込んだ料理ほど、塩分、糖分、化学調味料による添加物など、取りすぎてしまったり。

 

それが、なかなか代謝があげられない可能性もあることを忘れないでください。

 

栄養価が高い食材を「シンプルに食べる」こと。

 

ベルラスダイエットが大切にしている

 

食で未来の自分をつくる
食が未来のあなたに出逢う

 

という理念は、本当に毎日の食事・さらに食材そのものの味を美味しい!と感じること。

 

栄養が直接体内に届きやすいように意識していくこと。

 

実家であなたが調理しても、お母さんに作ってもらっても、外食でも飲み会でも

 

あなたが何を選んで、どう食べるかを実践(積み重ね)すること

 

これの方が大事なんですよね^^

 

ちなみに、旬の時期に採れたて食材や、色の濃い緑黄色野菜には栄養が、ぎゅぎゅっと詰まっていますよ^^

どんな環境であっても、少しの工夫、目の前の食事に少し+αすることで、食事から摂れる栄養価を高めることは可能です。

あなた自身の意識が変われば、旦那様・お子様の食生活も変わりますよね。

 

私の夫も、『体が軽くなった、朝の寝起きが全然ちがう』と言ってます♪

 

久しぶりに私の夫に会うお友達からは『旦那さん、なんか若返ったね〜〜』と言われます^^

 

実際、中年メタボ寸前の腹回りは、20代の頃のペタンコ腹に元通り!

 

食べ物の力は偉大ですね!

しつこいようですが、あなたにでも今すぐ変えることができます!

 

毎日の食習慣を整えることでリバウンドしない「痩せ体質」である身体になる。

 

目先の結果が出た出ない、ではなく、常に「どうしたら良いか」を選択していくこと。

 

ベルラスダイエットの受講生様は、本気で取り組む覚悟を持って、素直に行動してくれる方がほとんどなので、3か月で太らない

 

食べる“ほど”によりキレイに、より幸せになれる食事法を確立できる方が多いです。

 

早い方でしたら、3か月もあれば、十分です^^

 

今この瞬間がスタート♪

 

小さな1歩は大きな変化への入り口です^^

 

ダイエットを手放すには、今日選んだ食事から意識しましょう!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!