美人力UP!の意外と知らないデトックス法

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

松田リエです。

 

あなたは、せっせと汗をかいて、「超スッキリ!!デトックス出来た~」と感じていませんか?

 

巷で人気のデトックスといえば、ヨガをはじめ、サウナ、岩盤浴、半身浴…などがあげられ、

 

主に汗をたくさんかく!!

 

ということが、デトックスと思われている方が多いと思います。

 

私もかつては、ホットヨガに通い、せっせと汗かいてました。

 

2セット(計2時間)して、脱水でフラフラになりながら、帰宅したことも多々あります。

 

と、ここで、今日は、体のメカニズム、デトックス(毒素排出システム)について、分かりやすように噛み砕いてお伝えしていくので、ついてきてくださいね^^

 

体の毒素排出システムとは、まずは肝臓で分解されます。

 

肝臓で分解しきれないものは体内に老廃物として蓄積されるのですが、それを防ぐために、5つの排出器官があるんです。

 

その大部分を担うのが、

 

・・・・・

 

排便です。

 

(※お食事中の方・・・すみません・・)

なんとなんと!全体の75%を占めます!!

 

その次に排尿。これが20%。

 

つまり、便と尿だけで、95%の排出機能をもっています

 

その他に、汗が3%、髪が1%、爪が1%です。

 

汗をかくことでのデトックスは、全体における3%とわずかなんです~!!

 

これらは、デトックスにおいて、決して必要ではないということではないのですが、

 

排便による毒素排出が大半を占めるため、快便がいかに大事かということが、お分かりいただけるかと思います。

 

つまり、「宿便をためる=毒素をためる」ということになり

 

また、便が腸管内に停滞することにより、腸壁より毒素が再吸収します。

 

なので、なるべく食事をしたら、約24時間以内に排泄をすることが、体のメカニズムの観点からすると、

 

“最大のデトックス”となります。

 

しかし、一般的にダイエット始めると、食べる量が減るので、お通じも悪くなるとききますが・・・

 

あなたは大丈夫ですか?

 

私は、今まで便秘がひどくて大変でした。

 

一週間くらい平気で、体内にキープ(おそろし~)していることもありました。

 

今までどこに溜めていたのか?と考えると、恐ろしくなります。

 

必死に腹筋を頑張っていた時期もありますが・・・

 

今考えると、下っ腹ぽっこりでも無理ないですよね。

 

週に1~2回、下剤を使って、まとめて出す!を繰り返す日々。

 

これがまた痛くって・・・トイレの中で泣いたことも多々あります。

 

実は、腸内に停滞している便は、腐敗して毒素を発生させます。

 

その毒素は出口を求め、血液にのって全身を巡り、毛穴から脱出すべく、汗や皮脂などとなり、体外へ出ようとします。

 

その際、肌荒れやくすみ・しみ・しわを発生させるのです。

便秘時代の私は、顎から耳下にかけての吹き出物が治らず、毎朝せっせとコンシーラーで隠す・・・のが日課でした。

 

コンシーラーはヨレやすいので、午後はいつも顔がテカって、メイクが崩れていました・・・。

 

ここまで聞くと、、『食べたものはできるだけ早く出したい!!』と焦って、私のように、下剤や浣腸に手を出し、腸内デトックスを試みたくなりますが、

 

これらも要注意なんです!

 

なぜかというと、無理に出そうとすると、腸は炎症を起こし、腸に必要な善玉菌までも排出してしまい、かえって宿便がたまりやすくなると言われています。

 

“便は自然に出すのが一番!”ということです。

 

では、どうすれば自然に出るようになるのか‥

 

それは・・・

 

『食べること』

なのですが、少し長くなりましたので、

 

続きはまた明日お伝えしたいと思います!

 

明日は、そのためには、何を食べれば良いのか?や、腸内環境を整えることの効果についてお伝えします。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!