痩せられる状態の身体ってどんな身体?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

松田リエです。

ダイエットって、カロリーを意識したり、栄養をとるためにサプリ飲んだり・・・そういうところから取っ掛かる方が多いかと思いますが、まず、はじめていきたいことは、

 

痩せることより
体を痩せられる状態にすること。

 

体内にある脂肪・老廃物・水毒(余分な水分)などを、食べながらゴミ出ししてキレイにすると

下

あなたが食べたものからの栄養を受け取る器の口が、ぐいっと広がっていきます。

下

そうすると、その広がった分だけ、栄養・体にとって必要なものがポン!っと入ってくるようになるので、代謝がグルングルン巡るようになっていきます。

 

 

・・・というような、一見、調子のいい話をすると、
(でも事実だからしょうがない)
ダイエットを頑張ってきた人ほど、ゴミ出しをするどころか、ゴミを入れながら、良いものも入れて、ダイエットしているつもりになっちゃったり。

 

イメージしてください・・・。
それは洗濯ものを泥水の中で高級洗剤を使って、洗濯しているようなものです。
そのような状態では、体は変化しなくて当たり前なのです。)

 

また、「痩せる=苦労」という思い込みが、体に染み付いちゃってるから、3食食べるだけで痩せると聞くと

 

「そんなわけないだろーーー!」

って言われちゃったりするのですが、

 

じゃあ、ダイエット苦労してる人って「痩せてる?」って見回してみると、決してそんなことないですよね。

 

ヨガにジムに岩盤浴に・・いくつも掛け持ちして、月10万円をサプリやエステに使って肉体と時間を酷使して、へとへとになりながらも

 

 

それでも、体重・体脂肪率はトントン。

って人は、世の中にそれこそたくさんいます。

 

例えば、そういう人が、痩せるために必要なプロセスを歩まず、栄養学や体のメカニズムを学ぶこともなく、

 

「よし!今度こそは!!1か月で5キロ痩せてやる~」

って、また新しいダイエットを始めても・・・・・

 

もうお分かりですよね?

 

 

そう、やっぱり栄養が満たされていない、または、入っていかない、カツカツの体には、

代謝という反応は、うまく循環できないんですよ。
そして、、また苦労する。

 

痩せない。。という苦労だけならいいのですが、

やつれる・老ける・体型が乱れる、さらに、プチ不調オンパレード状態になり、気力も体力も限界になる。

 

「痩せる=苦労する」という思い込みがあれば、その人は、一生ダイエットに振り回され、結果、苦労するし、無意識のレベルで、選ぶ食事が、体と未来をつくる食事になれば、

その時がはじめて、本当の意味でダイエットそのものを手放せる時です^^

 

そして、心と体は本来のあなたに戻り、本当のあなたの持つ美しさと力で、どんな未来も実現できる^^

その人の人生は、何をやっても豊かです。

 

そのためには、食事のリハビリトレーニングは必須!!

 

 

ベルラスダイエットでは、3食で簡単に楽に、体のメカニズムと絡ませながら、9つの栄養素を満たせる食事法と、その、習慣化プロセスをお伝えしております^^

 

食べることで、今とは違う代謝と人生の流れを生み出しましょう^^

 

最後に・・最低限、今日、これだけは覚えておいてくださいね^^

 

おさらい:必要な9つの栄養素
体をつくる栄養素
・タンパク質
・水
・脂質代謝をサポートする栄養素
・ビタミン
・ミネラル
・酵素
・食物繊維
・水

体をストレスから守る栄養素
・ファイトケミカル

日々のエネルギーとなる栄養素
・タンパク質
・脂質
・炭水化物

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。