周りがドン引きするぐらい何も知らなかった起業初期

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

松田リエです。

先日、ベルラスダイエット1期 養成講座説明会の募集を締め切りました。

1期も20代~50代、
東京・神奈川・石川・静岡・岐阜・愛知・三重・京都・大阪・兵庫・香川から

20名の素敵なメンバーに集まっていただき感謝でいっぱいです。

と同時に・・

飛行機や夜行バスを使って名古屋講座に、参加される方もいらっしゃるので
身が引き締まる思いもいっぱいです。

 

zoom説明会では、

 

『認定パーソナルサポーターになってベルラスを広める役割を担いたい。
また、サポーターになることで自身も成長し続けていきたいです。

ベルラスダイエットをはじめて、

今まで恋愛依存症だったのに考え方が変わって、自立し始めました。

 

 

キャリアも積みたいと思えるようになったし、ファッションにも身が入るようになりました。

この経験を3ヶ月だけで終わらせたくない、私もベルラスの発展に
関わっていきたいという思いでいっぱいなんです。

 

ベルラスのお陰で私の人生に光が射した今、

何かしらの形で協会に関わっていきたいという思いは人一倍あると自負しています』

 

こんな熱い思いも聞かせていただき、

私の方が”喝!!”を入れていただいた感じです。

私がこの20代メンバーの方と同じ頃はと言いますと

「おうちダイエット起業して、サポートをビジネスにする人生を歩むとは、
まったく思っていなかった」・・です。
今日は、私の起業初期の頃を思い出して
お話していきますね^^

私はこんな感じから起業している人生です。

こんな私でも、
「おうちダイエット起業が出来た」
と思って頂けましたら、幸いです。

 

 

実は私、自分が起業する人生を歩むなんて、1ミリも思っていなかったのです。

 

女社長になるんだ!

 

とか、

起業して成功するんだ!

とか、

リーダーになるんだ!!!!!

とか、

ま~~~ったくなかったんですよね。

 

社長や、バリバリ仕事ができるキャリアウーマンにもなりたいという、
憧れもあまり無かったのです^^

 

(看護師時代、なぜ超激務の移植外科を選んだかというと
ただ、肝臓という臓器の働きに興味があったから・・です・・変態!!w)

ビジネスなんて、自分にはほど遠いと思ってましたし、
看護師そのあと保健師として働いていたので
ビジネスのビの字もわかりませんでした。

起業した時も、ビジネス音痴すぎて、起業しているお友達に
『マーケティングってなんのこと?』

とか、聞いていたぐらい、

 

私の投げかける質問の内容に周りがドン引いているぐらい
ほんと~~のゼロスタート。

それ以上に、もともと「これ!!」っていうものが見つからない限り
何にもやる気もないし、

 

幼い頃から『何やりたいの?夢は?』と聞かれてもピンとこないどころか

自信もないし、 
趣味もないし、 
特徴もないし、 
特技もないし、 
お金もないし、 

 

20代はただただ、飲み会・恋愛にハマっている 
どちらかというと、 
ダメダメ人生でした。笑

 

保健師になって、食事1本で−12キロ自然に痩せることができて

食事改善したい、キレイを食からつくりたいと思っている
女性のサポートができたら楽しそうだな~

健康と美容に関わることがしたいな~と、
なんとなく始めたブログ・メルマガがきっかけで、

 

初めて、クライアント様と出会い

 「ビジネス」

 という意識になりました。

 

 

ただ、当初、
おうちダイエット起業したいなと
思った理由も、

 

・朝、早く起きたくない(寝るの好き)
(今はやりたい仕事がたくさんあって
寝るのも惜しいので5時起きですが)

・会社に勤めたくない
・会社に時間を拘束されたくない

 

・ネイルや美容院、自由に美を磨きたい
・好きな時間にランチしたり買い物したい
・ボーっと自分と向き合う時間も欲しい
・お金に困る生活をしたくない

 

(20代の頃はお金のブロック、強くありましたので 笑)

 

はじめた時は、こんな理由。
こんな理由でも、起業は出来るのです^^

当時、思い起こしてみると

立派な理由なんて、なかったのですね。

 

かっこいい理想もなかったし、憧れるメンターもいなかったし、

人様のお役に立ちたい、世の中に貢献したいなんてのも、

そこまで強く思いがなかった

 

そんな20代。

 

 

そこから、本格的におうちダイエット起業して
協会を立ち上げるようになるとは、
全く思っていませんでした。

 

だけどですね、

自分で、
そして今では協会メンバーと一緒になって
”ビジネスで切磋琢磨できる楽しさ”を、
知ってしまったんですよね。

 

 

 

だから、ずっと家でも旅先でも早朝でも深夜でも
移動中でもトイレの中でも入浴中でも(笑)
いつでもどこでも仕事をしてるし、
仕事のことを考えているんだと思います。

 

正直、おうちダイエット起業の楽しさを知ってるけど、

ラクなのは、
勤めてる方かもしれないと思っています。

 

 

もちろん、勤めたって大変なことは山ほどありますし、
人間関係のストレスもありますよね。

 

だけど、自分で仕事をするというのは、
うまくいく時もあれば、うまくいかない時もあるということ。

 

穏やかな波もあれば険しい波もある。
その波を越えて航海していくのが起業。

 

 

お給料は、もちろん保証されない。

 

お給料が働いていたことろよりも
低い時もあるかもしれません。

 

(おうちダイエット起業は
お店を構えないでいいし、
仕入れもなくランニングコストがほとんどないので
大きくマイナスになることはないですが^^)

 

勤めている時よりも、多い時もあれば
3倍、5倍、10倍
それ以上の収入を得られる可能性もある。

 

そして、、、

誰のせいでもなく、ぜ~~んぶ自分の責任。 

「自分で責任をとる」 
という事もしなければいけません。 
でも、それ以上の楽しさがあるから、やれるのかもしれません^^

 

 

そういうことが、
「おうちダイエット起業する」
ということですが、

 

今日は何が言いたいのかと言うと

=============

起業を始める時に
「立派な自分」は、いらないということです^^

=============

 

完璧な人なんて、いません。
迷惑をかけることは悪いことではありません。
だからこそ、人間らしいのです。

 

 

でも、ビジネスをするのなら、
もちろん「相手」ありきの仕事になってきます。

 

あなたが、

相手のことを真剣に考えられるようになったら、

ベクトルの矛先を今のお客様
これから出会うお客様に
しっかり向けられるようになったら

おうちダイエット起業は、必ずうまくいくようになります。